シンガーソングライターの半崎美子が4日、東京・EX THEATER ROPPONGIで『「うた弁」発売記念ツアーファイナルコンサート2017 〜特選!感謝の根菜盛り合わせ弁当〜』を開催。根菜や根など「土の中」をテーマに19曲を披露。17年という長い下積みを経て、4月にメジャーデビュー後初のワンマン。「17年を皆さんと一緒に深堀りしていきたい」と意気込んだように、長年の活動で培われた彼女の想いと表現を出し切った、華やかで温かみのあるステージで観客を魅了した。【取材=松尾模糊】

活動17年の集大成

半崎美子(撮影=camp LLC)

 同ツアーは、今年4月に発売したメジャーデビューミニアルバム『うた弁』を引っ提げたもの。4月から6月にかけて全国29カ所、42公演をおこなった。7月には『「うた弁」発売記念移動販売ツアーおかわり』と題し、第2弾の全国ツアーを開催。今回が全てのツアーの最終公演となる。半崎はショッピングモールでのライブ活動など様々な場所でライブをおこなっている。2013年からは東京・赤坂BLITZでの単独公演を3年連続で成功させている。今公演はデビュー後初のワンマン公演となる。

 一人で活動してきた時は、椅子の搬入やポスター貼りまで全て自身でおこなってきた。半崎が「活動17年の集大成としてやりたい」と今回のライブについて語ったように、上段と下段に分かれたステージは手作り感あふれる色紙の飾りが施されていた。今回のテーマである「土の中」にちなみ、ステージ後方のメインスクリーンに人参やカブなどの根菜のイラストが映し出される。

 ステージ下段でストリングスとバックバンドのメンバーが演奏をおこなう中、ステージ上段に半崎が登場。「稲穂」をゆっくりと、力強さの込められた声で歌う。スクリーンには稲穂が太陽に照らされるイラストが流れ、曲の持つ世界観を作り上げる。続く「種」ではブルーライトが照らすステージで、アコースティックギターとキーボード、ウッドベースとアコーディオン、そしてドラムスという編成で奏でられる曲に半崎が伸びのある歌声を乗せていく。

半崎美子(撮影=camp LLC)

 半崎は、会場に響き渡る歓声と拍手に「今日はお腹を空かして来てくれているでしょうか? たっぷり栄養満点のステージをお届けします」と笑顔で返す。そして今回の「土の中」というテーマについて、「春にメジャーデビューという形で芽が出たのですが、17年間の活動の中で、土の中で根をはり続けた、その17年を皆さんと一緒に深堀りしていきたいと思います」と意気込む。

 NHK『みんなのうた』で4月~5月に放送され、10月~11月にも「お楽しみ枠」で再放送された「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」では、映像作家・半崎信朗氏の描くイラストストーリーと曲の歌詞がマッチし、半崎の優しい歌声で観客の心を包み込む。さらに演奏には鍋など、実際に録音に用いられた台所用品を準備し、日常的な風景をよりリアルに音で再現。

 演奏中にはステージ上段を人参の着ぐるみを着た半崎の姉親子が走り抜けるなど、コミカルな演出も。ちなみに、今回のスクリーン映像は全て、親戚ではないが、家族ぐるみで付き合いのあるという半崎信朗氏が手掛けている。

 そして、半崎が「座っているところを見たことが無かった」と振り返るほど、働きながら育ててくれた母親に向けて作ったと言う「母へ」を、この日会場に訪れていた母親に向けて歌い捧げた。キーボードの弾き語り演奏で、しっとりと母親への想いの詰まった歌詞を歌い上げた。さらに両親への想いを歌にしたという「永遠の絆」を、自身初となるストリングスのみでの演奏で披露。

 半崎のライブによく訪れていたというファンが若くして亡くなり、そのお墓参りの帰りに見た、抜けるような青い空とファンへの想いを曲にしたという「空の青」。半崎は「人はよく亡くなった方の為に生きると言うけれど、私は亡くなった方に支えられて生きているなと、よく思います」と呟き、エレピの伴奏とストリングスが奏でる切なげなメロディーに透き通るような声を乗せていった。

人生に根付いた歌と「鮮やかな前途」

合唱団とのステージも(撮影=camp LLC)

 ここで一度半崎がステージを去り、「見えない星」を杉並児童合唱団が合唱で届けた。続く「明日への序奏」でステージ上段から半崎が現れ、前奏とともに「飛び立つための助走を長く続けてきたから書ける曲がある。当時の自分の様な人たちに自由に助走を続けて欲しい」と語り掛ける。そして、杉並児童合唱団とともに会場にその歌声を響かせた。

 半崎が「ここからちょっとにぎやかな感じで行こうと思うのですが、みなさんよろしいでしょうか?」と言い、会場の観客が総立ちの中、先程登場した姉の朝子さんがステージに登場。赤坂BLITZの公演に毎年登場していて、ファンの間では有名になっている。「今後とも半崎美子をよろしくお願いします!」と会場によびかけた。

 そして、アッパーチューン「赤色のヒーロー」、「天国3丁目」を披露しバンドメンバーを紹介。「あと1曲、元気な曲をお届けしたいと思います。みなさん、今日は根菜を煮詰めて、煮詰めて“灰汁(あく)”を全部出し切って行きましょう!」と「灰汁」を演奏。跳ねるリズムに観客からも手拍子が起こる。<そう人生は素晴らしい>と前向きな歌詞で会場のボルテージを上げる。「人生灰汁ありゃ、苦もあるさ」、「この根菜が目に入らぬか?」と水戸黄門のセリフをモジった演出で笑いも忘れない。

半崎美子(撮影=camp LLC)

 「サクラ~卒業できなかった君へ~」について半崎は「卒業するということは、決して当たり前ではなく、世の中には卒業できなかった人がいて。この歌を色んな所で歌ったら、同じような思いを持っていたり、経験している人が沢山いることを知りました」と語り「これからもずっと大切に歌っていきたいと思います」と同曲を披露。そして、「感謝の根」で本編を終了。

 鳴りやまないアンコールの手拍子に応えて、再び登場した半崎とバンドメンバー。半崎は「去年の単独公演を観て、事務所の方が声を掛けてくれました。これまで自分がやってきたことと、新体制でどうなるか心配していたのですが、伸び伸びと私はやることができています。会場に集まってくれたみなさん、最高のときを本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べ、「明日へ向かう人」を披露。

 最後は「17年前は発信ばかりで、受信することをしていませんでした。ショッピングモールを回るようになって、受信する力が強くなったと思います。今は人の生活に根付いた曲を書きたいと思っていますが、これから40代、50代になったら人生に根付いた歌が書けると思ってワクワクしています」と今後の活動についても前向きに語り「鮮やかな前途」でステージを締めくくった。そして、観客のスタンディングオベーション、鳴りやまない歓声と拍手に応え、バンドメンバーと手を繋いで、深々と頭を下げた。

セットリスト

01.稲穂
02.種
03.夏花火
04.深層
05.お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~
06.母へ
07.永遠の絆
08.空の青
09.見えない星
10.明日への序奏
11.愛の讃歌
12.赤色のヒーロー
13.天国3丁目
14.灰汁
15.ふたりの砂時計
16.サクラ~卒業できなかった君へ~
17.感謝の根
Encore
En01.明日へ向かう人
En02.鮮やかな前途