ももいろクローバーZ(ももクロ)が9日、東京・豊洲PITで『「ハロウィンジャンボ宝くじ」「ハロウィンジャンボミニ」抽せん会』に出席。先月11日「幸運の女神」に任命されていたメンバーはその衣装で登場。1等賞金3億円の番号を決める抽せん機のボタンを、メンバーが押した。緊張感溢れる瞬間を終え、百田夏菜子(23)は「やっと解放された感じです」と安堵の表情を見せた。

 抽せん会では、10月11日に発売された宝くじ「ハロウィンジャンボ宝くじ」と「ハロウィンジャンボミニ」の当せん番号が抽せん機によって決定された。「ハロウィンジャンボ宝くじ」は、1等賞金が3億円、その前後賞が各1億円ずつ設けられ、1等前後賞合わせ5億円が当たる。「ハロウィンジャンボミニ」は1等賞金が3000万円、前後賞が各1000万円で1等前後賞合わせ5000万円。当せん本数が1等が40本、1等前後賞が80本当せんする。

 また、今回の宝くじは今年から新登場したもので、「わくわくドキドキ、ハロウィンジャンボで夢をかなえよう!」を商品コンセプトに宝くじ券面デザインから、テレビCM、宝くじ売り場の装飾に至るまで「ハロウィン」をコンセプトとしたものになっている。

 今回、ハロウィンジャンボはももクロとコラボを実施。「ハロウィンジャンボ抽せん会&ももクロ特別ライブ」を同会場で開催。同ライブには宝くじを一度に20枚以上購入した人を対象に500組1000人を抽せんで招待した。ライブの前に、宝くじ抽せん会をおこなった。

抽せん機のボタンを押す、ももいろクローバーZ

 ももクロの新曲「トリック・オア・ドリーム」とともに「幸運の女神」の衣装でメンバーが登場。会場が大きな歓声に包まれた。

 百田夏菜子(23)は衣装について「今回特別にメンバーカラーで作って頂いて。普段私達の衣装ってゴツゴツしているのが多いんですけど、今回は幅取らないので(笑)」と普段とは少し違う衣装について語る。

 玉井詩織(21)は「私達、全員20代と言うとびっくりされることが多いんですけど、今なら年相応に見えるんじゃないかと」普段より大人っぽい姿をアピール。高城れに(24)は「ずっとテレビで観ていた幸運の女神に自分たちがなれるなんて、夢みたいで今興奮しています」と長年の夢が叶い笑顔を見せた。

 そんな彼女たちの姿に、会場からも「可愛いー!」と言う声が上がる。佐々木彩夏(21)は「嬉しいですね。そうやって言ってくれるのを待ってました」と声援に応える。

 有安杏果(22)は「白い部分が多いので、お客さんの方がカラフルですよね(笑)」と推しメンバーカラーの衣装を着たモノノフ(ファンの呼称)で彩られた会場を見渡す。

 抽せんに向けてメンバーは「皆さんのもとに幸運が訪れますように。私たち、ハロウィンジャンボ限定、幸運の女神〜Z!」と願をかけて、抽せん本番へ。

 7台の抽せん機の中5台にメンバーが立ち、抽せん台に掲示されたルーレットが回る。メンバーがボタンを押して、矢がその画面上のルーレットに当たる。今回は、94組150999が一等に当選した。

 抽せんを終え、百田は「日本中のどこかに一等を当てた方がいらっしゃって、そのボタンを私たちが押したと思うと何とも…今日ずっとドキドキが止まらなくて、やっと解放された感じです」と緊張感から解放され安堵した様子。

 この後、ももクロによるスペシャルライブが同会場でおこなわれ、招待客を魅了。なお、賞金の支払期間は14日から2018年11月13日まで。【取材・撮影=松尾模糊】