女優で歌手の柴咲コウ(36)が9日、東京・渋谷ヒカリエでおこなわれた、クリスマスプロモーションイベント『Shibuya HIkarie Christmas 2017~WONDERLAND~』でのクリスマスツリー点灯式に登場。会場に設けられたツリーへの点灯をおこなうとともに、クリスマスの思い出や、クリスマスの理想の過ごし方などを語った。

 黒のトップスと白のスカートというシックな装いに、ピンクの靴というワンポイントによりチャーミングないでたちにより「クリスマス気分で来ました」と一言、会場に登場した柴咲。クリスマスの思い出をたずねられると、小学校の低学年の頃に、興奮して帰ってきた父親より「サンタさんに会った」と告白されたことを明かしながら「もしかしたら私を喜ばせたかったのかもしれません。でも、父は嘘をつかない人なので…」と当時の思いを振り返る。

クリスマスツリー点灯式に出席した柴咲コウ

 さらにどのようにクリスマスを過ごしたいかを聞かれ「大人になると、年末の師走の時期でとても忙しくて、でも新しい年を、新たな気持ちで過ごしたいので、年末どう過ごすかというのは、大切だと思うんです」と年末の過ごし方への深い思いを語りながら「でも、クリスマスの時くらいはゆっくりして、大切な友達なんかと『この1年、よく頑張ったよね』とねぎらい合いながらながら過ごせたら一番だと思います」とのんびりとした時を過ごしたい気持ちを明かした。

 また、時に子供たちのいる施設を訪問する機会もあり、子供たちに洋服などをプレゼントすることもあるという柴咲。自身のためにやっていること、美しさの秘訣はと問われると「意識を集中させることは大切だと思うので」と陶芸をおこなっていることを告白。「すごく器を作ることに集中して、一つのことを考えているのにいろんなことも考えられて、頭の整理もできるので、集中力を高めています」と、陶芸を嗜むことで気持ちの整理を心がけているという。

 クリスマスプロモーション期間中、渋谷ヒカリエ1階正面入り口前には、約7メートルのミッキーマウスとミニーマウスのオリジナルツリーが登場。その他にも、ミッキーマウスと特別なクリスマスを過ごすために準備をするミニーマウス、ミニーマウスとデイジーが、華やかなホリデーシーズンに合わせてドレスアップしているシーンなど、様々なフォトスポットが館内各所に登場する。【取材・撮影=桂 伸也】