元SMAP稲垣吾郎が泣いた。ネットテレビ『72時間ホンネテレビ』のフィナーレで稲垣は号泣したが、その姿はファンにとっても珍しい瞬間だった様子。ツイッター上には「吾郎ちゃんの涙って本当に珍しい」「こんな泣き顔見たことない」などと驚きが起こっている。

 インターネットテレビ局・AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』は2日午後9時にスタートし、5日午後9時に終幕を迎えた。元SMAPメンバーでオートレーサーの森且行のもとを3人で訪れたり、多くの著名人とのコラボレーションも果たし、充実の72時間を走り切った。

 番組の最後には「3人だけの72曲生ライブ」を実施。稲垣、草なぎ、香取の3人は、グランドフィナーレを迎えたなかで、それぞれが抱えた感情をさらけ出すように日本を代表する名曲を力強く、優しく歌い上げた。

 そして、フィナーレで森はビデオメッセージを寄せた。この日、3人に会えたことを喜び、「3人が頑張って『新しい地図』に新しい絵を描いているところが見れて、とても嬉しかったです」と3人から感じた率直な印象を述べた。

 そして、「とにかく、これから頑張って行きましょう。ずっとずっと仲間だから。応援しています」と思いやりのこもったメッセージを口にした。

 これに稲垣、草なぎ、香取の3人は目に涙を浮かべた。特に稲垣は口元を手で押さえ、こぼれ落ちそうな感情を必死に止めているような仕草を見せ、涙を拭いた。

 この姿を確認したファンは驚きをもって迎えた。ツイッターなどSNS上には「吾郎ちゃんのこんな泣き顔見たことない」「吾郎さんがあんなに泣くなんて珍しい」「あんなにストレートに涙を見せる吾郎さん珍しい」「SMAPファンになって20年以上経つけど吾郎ちゃんがこんなに泣く所初めて見たかもしれない」などのコメントが見られる。

 クールな印象のある稲垣だが、顔をゆがめて号泣する姿はファンにとっても珍しい瞬間だったようで、番組が終了し、時間を経た中でも「吾郎さんの涙がずっと脳裏に焼き付いてる」とのコメントも投稿されている。

 ファンは稲垣の気持ちを推し量る。「堪えてたものが『ずっと仲間だから』という森くんの言葉で一気に溢れ出した やっと涙を流せたのかもしれない」。昨年のSMAP解散騒動以降、決して表には出さず、心にしまい込んできた感情が溢れだしたと感じるファンは多いようだ。

 その稲垣は番組終了後に自身のツイッターを更新。「72時間ホンネテレビ」を観てくれた視聴者に感謝し、「最後はボロボロなうえ、、お見苦しいところまでお見せしてしまい大変失礼致しました。。(反省) こんな僕等ですがこれからもどうか暖かく見守って下さい! ゆっくり休んで下さいね」とメッセージを寄せている。

 これにファンは「大切な仲間からの言葉に涙する吾郎ちゃんは美しかったです」「ボロボロでも見苦しくもなかったよ ちゃんと伝わったよ!」などとエールと感謝の言葉で寄り添っている。

 なお同局によれば、今回の放送の総視聴数は7400万超で、「AbemaTV」過去最高視聴数を記録したという。【朝倉浩正】