元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するネットテレビ『72時間ホンネテレビ』が5日にグランドフィナーレを飾った。元SMAPメンバーでオートレーサーの森且行との21年ぶりの共演、最後の「3人だけの72時間生ライブ」などがハイライトとして挙げられるなか、“72”という数字にまつわる不思議な共通性が話題になっている。=写真・72曲生ライブをおこなう元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾(C)AbemaTV=

 2日午後9時に始まったインターネットテレビ局・AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』は、5日午後9時をもって終了した。4日には森のもとを訪れ、感動の共演を果たした3人は、5日のグランドフィナーレで自らが選んだ72曲を生歌唱。“72時間”という前代未聞の長丁場を強い気持ちとともに走り切った。

 森と“ホンネ”で語り合った3人、72曲の熱唱に込めた様々なメッセージを感じ取ったファンは、ツイッター上に感動のコメントを続々と投稿。″72時間″という時間を共有したファンにとっても感無量の3日間になっている。

 そして、“72”という数字にまつわる不思議な共通性を見出し、話題を広げてもいるようだ。

 「72時間」の生放送では最終的に「7200万以上」の視聴を達成。森のもとを訪れた際、森が出場したレースの1着賞金が「72万円」で、レース結果は1着が「7」番、2着が「2」番となっている。

 さらに、ファンの胸を熱くしているのが、元SMAPメンバーの中居正広、木村拓哉の生まれた年。中居正広は「1972年」8月18日生まれで、同い年の木村拓哉も当然ながら「1972年」の11月13日生まれ。

 これにSMAPファンからは「歳下3人組が72にこだわった暗号解けた! お兄ちゃん達の生まれた年だよね」「会いたいけど会えないからメッセージとして72時間にしたのか!」「3人から2人への無言のメッセージがこめられているのかと勝手に勘ぐってたら泣けてきた」などと驚き、感動する声も見られている。

 この「72」にまつわる不思議な共通性。ネット上では「意図的」「偶然」など、様々な声が飛び出しているが、「もはや持ってる越えてこわいレベル」「いや、偶然にしてはできすぎてるよね」「偶然なのか奇跡なのか。伝説に残る72時間だったことは間違いない」などと興奮さめやらぬ様子で反響の輪が広がっている。

 なお同局によれば、今回の放送の総視聴数は7400万超で、「AbemaTV」過去最高視聴数を記録したという。【朝倉浩正】