<記者コラム:オトゴト>
 フジテレビ系の長寿バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ×2イケてるッ!』が来年3月で終了することが3日、報じられた。まだ、正式な発表はないものの、もし現実となれば、両番組を見て育った世代としては寂しいものだ。

 数多くあるバラエティ番組のなかでも異彩を放っていた両番組。音楽という観点からみてもそうだった。『ダウンタウンのごっつええ感じ』や『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』などでも見られた番組から誕生した音楽ユニット。なかにはヒットセールスも記録するものもあった。

 『みなさん――』については、矢島工務店という斬新なバンドがあった。コントのなかの設定だが、高校の同級生が結成したロックバンド。<みちのく! みちのく!>というフレーズに、お琴を入れたバンド編成は当時、衝撃的だった。今でこそ、和洋楽器を取り入れるバンドはそう珍しくはないが、約30年前にこのスタイルを打ち出していたのだから驚くばかりだ。その数年後には、切り口を変えて矢島美容室を結成している。

 また、番組のスタッフらで結成した音楽グループの野猿(やえん)は、デビューシングル『Get down』がオリコン初登場10位に。続く、2ndシングル『叫び』では初登場2位を記録。その後の作品も上位にランクインするなど絶大な人気を集め、しまいにはNHK紅白歌合戦への出場を果たした。

 『みなさん――』ではそのほかにも、当時世界的人気だったM.C.ハマーなどともコラボするなど、音楽的観点でもとにかく規格外だった。

 対して『めちゃイケ』は、深夜番組の『とぶくすり』から始まり、その後、格上げしてゴールデンに進出、名も『めちゃ2モテたいッ!』と改めてスタートした。今でも記憶として残るのはオープニングテーマ曲。いずれもJUDY AND MARYの「自転車」「RADIO」だった。ちなみに『どぶくすり』時代は、よゐこ濱口優が演じる、YOSHIKIを思わせる「ヨシキ」キャラというものがあった。

 そして、忘れてはならないのが「オファーシリーズ」だ。岡村隆史らに仕事をオファーする内容だが、なかでもダンスが得意な岡村にライブに参加してもらうものは強烈だった。SMAPから始まり、モー娘。やEXILEなどなど。圧巻のダンスパフォーマンスに、お笑い要素を取り入れた内容は、笑いが絶えなかった。

 このオファーシリーズをきっかけにブレイクしたといっても過言ではないのがE-girls。特に、Amiは岡村との絡みが好評を得て知名度を高めるきっかけになった。また、シリーズものでは少し異なるが嗣永桃子さんや島崎遥香、川栄李奈もこの番組がきっかけで人気を集めることになった。

 音楽という点においても強烈なインパクトを残した両番組。時代のながれは残酷だが、笑いや音楽はこうして人々の記憶として残り続けるだろう。【木村陽仁】