井上陽水と玉置浩二、そして安全地帯が10日に放送されるNHKの音楽番組『SONGS』スペシャルに登場。1986年の東京・明治神宮野球場公演以来、31年ぶりとなる2人の共演を届ける。

 あの“奇跡デュエット”が実に31年の時を経て復活する。1980年代に「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「夏の終りのハーモニー」など大ヒットを連発した井上陽水と玉置浩二(安全地帯)。

 井上がデビュー35周年、そして玉置がソロデビュー30周年を迎えた今年。伝説の1986年の神宮球場公演(当時NHKで生中継)から実に31年ぶりに2人が声を重ねることになった。舞台はNHK『SONGS』。『SONGS』だけで実現する“夢のリユニオン”、円熟を迎えた2人の歌声をじっくりと紹介。

 番組では、10月27日に「夏の終りのハーモニー」1曲のみを収録するために集結した井上と玉置に密着。緊張感に包まれた現場の空気を伝える。日本が誇る2人のスーパーボーカリストの夢の競演を一部始終じっくりと届ける。そして、井上と玉置、安全地帯の名曲も放送予定。【松尾模糊】

番組情報

『SONGS』スペシャル「井上陽水×玉置浩二」
NHK総合テレビ
11月10日
午後10時00分~10時49分