桜井ユキと高橋一生、満島真之介らが21日、都内でおこなわれた、映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』の公開初日舞台挨拶に登壇。高橋が満島にデートを申し込まれ快諾する場面があった。この日は共演の佐々木一平、阿部純子、ジャスミン、円谷優希と二宮健監督も合わせて登場した。【取材・撮影=桂 伸也】

 『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』は、二宮監督の商業映画としては初となる作品。女優を志し田舎を飛び出してきたヒロインが、都会のとあるサーカス団に身を寄せ生活する中で、様々な出会いを経験するとともに、妄想と現実の狭間をさまよう姿を辿りながら、一つの岐路に行き着く姿を描いたストーリー。

 ヒロインのオリアアキを桜井、その人生に大きな影響を与える人物・カイトを高橋が担当、満島はアキの妄想の中で放送されるテレビのバラエティ番組に登場する賑やかな司会者・ときめきチャーリー役を演じる。

高橋一生

 この日はゲスト陣登壇後に、劇中さながらのラメで覆いつくされた派手なスーツ姿で登場した満島。舞台に上がるとともに「元気? みんなどうも! 来ちゃったよ! 来ちゃった! 来ちゃった! 皆さんどうも!チ ャーリーファニータ~イム!」とハイテンションで会場を沸かせる。

 さらには登壇者皆に返答の際にまず「OK! チャーリー!」と返すことを促したり、グリーンのドレス姿の阿部に「赤と緑、クリスマスみたい! ハロウィーン前にクリスマスの二人! Ho! Ho! Ho!」と絡んでみたりと大暴れ、その姿に会場中の笑いが止まらない状態に。

 そんな姿を見た高橋は「今この舞台上に立っているということが幸せですね。チャーリーに会えたのも本当にうれしいし、一年前に撮影を始めて、皆さんの前で見せることができるというのは、ちょっと感慨深いです」とチャーリーへの思いと合わせて、映画公開初日を迎えた喜びを語る。

 そんな高橋に「今一番忙しいといっても過言ではないこの高橋一生さん。あなたを僕がデートに誘えるのはいつ!?」といきなりエスコート。高橋もノリ良く「アキ(劇中のヒロインの名前)は3年先までスケジュールが埋まっているって言っていたけど、僕は今日にでも行くよ!」と快諾。

桜井ユキ

 その喜びをあらわにした満島は、皆に「妄想してみたいこと、妄想していること」という質問を投げかけた際に、自身も「今日のデート、一生さんとどこに行こうかと、ずっと妄想している! どうしようかな? タピオカジュースとか飲んじゃう? しかもストロー二本を差して? あーもうすごく楽しみ!」とハイテンション振りを見せさらに会場を沸かせる。

 一方で桜井は挨拶の際に、満島に「このテンション、微妙に差があるよね!」などとツッコミを入れられ、笑いが止まらないようだったが、少し戸惑いも見せ、妄想を語る質問が満島から投げかけられる際に「じゃあまずユキちゃん、行きましょうか」と話を振られると「たまにはちょっと別の人からお願いします」と反撃、観衆からの笑いを誘っていた。

 対して二宮監督からは「チャーリーは、今のをもってオールアップ。一年越しにクランクアップおめでとう!」と語りながら、満島にねぎらいの言葉を贈ると、一年ぶりにときめきチャーリーを演じた満島は「大分体系も髪型も変わっちゃったよ。時間を感じるね」と賑やかに語りながらも、一抹の寂しさを明かしていた。