アフレコに初挑戦した氷川きよしと声優・野沢雅子(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 氷川きよしが12日、初のアフレコに挑戦した。氷川がオープニング曲「限界突破×サバイバー」(10月25日発売)を歌う、フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』のコーナー内で本人役で登場する。「オッス! 氷川きよしです!」と声入れする氷川に、孫悟空役の声優・野沢雅子は「とてもよかったです」と評価した。

 現在、デビュー18年目を迎えているが、3月に「男の絶唱」(A・B・Cタイプ)を発売、6月には、明治座で1カ月公演を大盛況のうちに終え、テレビ東京系『おはスタ』のテーマソング「きよしのチキチキOHAソング」で子供たちとともに歌ったり、『ドラゴンボール超』のOP曲「限界突破×サバイバー」で初のアニメソングに挑戦するなど、ますます活動の幅を広げている。

 今回の「限界突破×サバイバー」が収録されたCDは「ドラゴンボール超×氷川きよし」名義となっており、オリジナル・カラオケに加え、3タイプのインストゥルメンタル、サブタイトル、予告などのさまざまなバージョンが収録される予定。あわせて『ドラゴンボール超』ノンテロップ・オープニング映像のDVD付きとなっている。さらに、お馴染みの道着を着た氷川きよしのイラストが描かれた、カードゲーム「スーパードラゴンボールヒーローズ」のヒーローアバターカードも付属され、そのビジュアルも話題を呼んでいる。

アニメ版氷川きよし(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 今回のアフレコは、そのイラスト絵柄が『ドラゴンボール超』番組内の“今週の見どころ紹介”コーナーに登場することになり、氷川が急遽“氷川きよし”役で声をあてることになったことから実現したもの。

 氷川にとってアニメのアフレコへの挑戦は初めて。孫悟空役の声優・野沢雅子とともにアフレコに臨んだ氷川は、最初に野沢とタイトルコールを収録。2人で「ドラゴンボール超!」と声を合わせると、野沢さんは「ばっちり!」と太鼓判。

 氷川が続けて「オッス! 氷川きよしです! 今日のみどころは、究極のサイヤ人対決!! この後すぐ! 絶対観てくれよ!!」とセリフを練習すると、野沢は「すごく、私っぽい。アニメをよく観てくれているのが分かる」と言い、「オッス!」の“オ”に力を入れて元気よく、それと「よくみてくれよ」の“よ”に力を入れると「うん! 見る見る!」となるからと助言。氷川は「アドバイスが勉強になりました。とてもやりやすくなりました」と感謝。

 その後、CDの発売日である10月25日に誕生日を迎える野沢を祝って、氷川からバースデイケーキをサプライズで贈呈。氷川がこぶしを入れつつ、「ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」と歌うと、野沢は「うれしい! なんて幸せ! ありがとうございます」と感謝を述べた。

 この日のアフレコ終了後、野沢は氷川のアフレコについて「とてもよかったです! セリフの間がよかったですね」と語り、氷川は「アニメのアフレコは昔から憧れだったので、今回ちょっとだけ参加させていただき、とても光栄でした。野沢さんともまたお会いできて、CD発売にむけて励みになりました」とコメントした。

 なおこの映像は、11月12日にフジテレビで放送される予定。(※地域により放送日・放送時間が異なる)