新刊著書『映画を聴きましょう』(キネマ旬報社)を発売する細野晴臣

 細野晴臣が11月7日に、新刊著書『映画を聴きましょう』(キネマ旬報社)を発売する。映画雑誌『キネマ旬報』での連載エッセイの書籍化で、細野が映画音楽や映画についての想いを綴っている。

 11月8日には、ニューアルバム『Vu Ja De』(ブジャデ)をリリースする細野。今作は、映画雑誌『キネマ旬報』で2012年8月下旬号からスタートし、2017年7月下旬号で55回を迎えた細野の連載『映画を聴きましょう』の書籍化。

 また、特別企画として人類学者、思想家で宗教学者の中沢新一氏との映画対談を収録するほか、『パンの漫画』(ガイドワークス刊)で知られる堀道広氏による描きおろしイラストで、細野の記憶に残る映画のワンシーンを再現している。

 連載内容は、映画雑誌『キネマ旬報』で細野がこれまで観てきた映画、そして印象に強く残った映画音楽について綴っている連載エッセイ。

 テレビ西部劇『ララミー牧場』に出演していたホーギー・カーマイケルの名曲「香港ブルース」や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロータ作曲「カビリアの夜」など細野自身も演奏する映画音楽について綴る。

細野晴臣の『映画を聴きましょう』(キネマ旬報社)

 そして、最近ますます個人的興味が近づいてきたというウディ・アレン監督の最新作『カフェ・ソサエティ』まで、子どもの頃から続く映画体験の記憶を辿る。ちなみに、連載タイトル『映画を聴きましょう』は子どもの頃に細野がよく聴いた映画サントラ集からとられている。

 なお、細野は、11月11日からアルバムリリース記念全国ツアーをおこなう。

※『Vu Ja De』(ブジャデ)の正式表記はアキュート・アクセントの付いたもの。

作品情報

タイトル:『映画を聴きましょう』
11月7日 キネマ旬報社より発売
著者:細野晴臣
価格:2160円(税込)
判型:四六判
頁数:332ページ