『「ハロウィンジャンボ宝くじ」「ハロウィンジャンボミニ」発売記念イベント』に登場したももいろクローバーZ(現金はダミー)

 ももいろクローバーZ(ももクロ)が11日、都内で『「ハロウィンジャンボ宝くじ」「ハロウィンジャンボミニ」発売記念イベント』に登場。1日「幸運の女神」に任命され、トークセッションをおこなった。また、メンバー内で幸運の女神は玉井詩織(22)だと言い、玉井は「かれこれ9年くらい黄色をまとってきて、占いでも金運が良いと言われる」と金運の良さをアピールした。

 同イベントは、新登場となる宝くじの発売を記念しおこなわれた。「ハロウィンジャンボ宝くじ」は1等賞金が3億円、その前後賞が各1億円ずつ設けられ、1等前後賞合わせ5億円の豪華賞金が魅力。「ハロウィンジャンボミニ」は1等賞金が3000万円、前後賞が各1000万円で1等前後賞合わせ5000万円。当せん本数が1等が40本、1等前後賞が80本となっていて、高額当せんのチャンスが高いことが魅力。

 また、「わくわくドキドキ、ハロウィンジャンボで夢をかなえよう!」を商品コンセプトに宝くじ券面デザインから、テレビCM、宝くじ売り場の装飾に至るまで「ハロウィン」をコンセプトとしたものになっている。

 今回、ハロウィンジャンボはももいろクローバーZとコラボを実施。「ハロウィンジャンボ抽せん会&ももクロ特別ライブ」を11月9日に、東京・豊洲PITで開催する。同ライブには宝くじを一度に20枚以上購入した人を対象に500組1000人を抽せんで招待。ライブとともに、宝くじ抽せん会をおこなう。

 また、ももクロと俳優の役所広司が出演する、テレビCMの新バージョンが11日から放送開始される。同CMでは、ももクロのメンバーが役所扮する侍のコスプレに挑戦。佐々木彩夏(21)は「役所さんがやったらあんなに格好良いのに、私たちがやったら何だか間抜けな感じで(笑)。役所さんは凄いなと思いました」とCMについてコメント。

ももいろクローバーZの玉井詩織

 ハロウィンをフューチャーした今回の宝くじ。宝くじ幸運の女神の仮装でメンバーは登場。百田夏菜子(23)は「少し緊張感があります。皆さんの幸運を背負っている気がして」と背筋を伸ばした。

 ハロウィンでは、イベントなどでお菓子を配ったりしているという彼女たち。高城れに(24)は「今年はセクシーな格好で、普段はやらない傷メイクをやりたいと思います」と今年のハロウィンのテーマをすでに決めている様子。百田は「カラコンとかやったことないので、やってみたいです」と意気込んだ。

 玉井は「アメリカンハイスクールな感じの女の子をやってみたいなと思います」と普段やれない格好に挑戦したいと話す。

 なお、CMでももクロは新曲「トリック・オア・ドリーム」(18日配信限定発売)を披露している。有安杏果(22)は「そもそもCM曲でフルサイズでレコーディングすることはないので、びっくりしました。ハロウィンは毎年あるので、皆さんに愛される曲になれば」と曲について語った。

 今回の賞金は前後賞合わせ、5億円。もし5億円が当たったらという質問に、百田は「ライブ会場もある遊園地を作りたいです」と答えた。玉井は「日本と海外に家を買いたいです。毎日パーティーができるような」と言い、有安は「5人分の夢が詰まった豪華なライブを、お客さんは無料で開催したいです」とグループとしての夢を笑顔で述べた。

 また、1日幸運の女神に任命された、ももクロメンバーだが、メンバーの中でも幸運の持ち主だと思うのは誰か、という質問にはメンバー全員一致で玉井を指名。玉井は「かれこれ9年くらい黄色というメンバーカラーをまとってきて、占いでも金運が良いと言われるので…どんどん幸運の運気が上がってきているのかなと」と金運アップの色とも言われる黄色のメンバーカラーが幸運を呼んでいるのではないかと話す。

 最後に、百田は「わくわくドキドキしながら、チャンスを掴みに行って欲しいと思います」と呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】