ファンクラブ限定の先行試聴会のもよう

 歌手・May J.のファンクラブ会員から抽選で選ばれた方々を対象にした『NEW ALBUM「Futuristic」先行試聴会』が10日に、都内レコーディングスタジオでおこなわれた。そしてこの日は、サプライズでMay J.本人が登場し、ファンを喜ばせた。

 先行試聴会は、May J.がレコーディングをおこなったスタジオで実施され、レコーディングディレクターを務めるエイベックスの川井健氏が、レコーディング秘話などを語りながら、L.A.でレコーディングされた新曲を、レコーディングスタジオのコントロールルームにあるスタジオ用の大型スピーカーで試聴するという、超プレミアな試聴会となった。

 さらに、ボーカルブースへ移動し、May J.が実際にレコーディングで使用した3種類のマイクロフォンを一つ一つ説明し、「あの曲で使われたマイクはどれですか」などの質問が飛び交うなど、ファンにはたまらない時間となった。

 そして、試聴会が終わったところで、May J.本人がサプライズで登場。本人がいることを知らなかったファンの方々は驚きで声がでなくなる場面も。

 May J.は「3年ぶりのオリジナルアルバムを、実際にレコーディングしたこのスタジオでファンの方々に新曲を聴いて頂ける機会を作って頂いて本当に感謝しています。そして、こうやって足を運んでわざわざ試聴会に参加頂いて、しかも私がレコーディングしたボーカルブースにも入って頂いたなんて感慨深いものがあります。より一層、このオリジナルアルバムのリリースを楽しみにして頂けると嬉しいです」とコメント。

 なお、オリジナルアルバム『Futuristic』は25日に発売される。