大原櫻子

 シンガーソングライターの大原櫻子が11月22日に、ニューシングル「さよなら」をリリースする事が決定した。この曲について大原は「聴いて悲しくなる曲ではなく、むしろ『いい恋に出会えた』と振り返り、喜びを感じてもらえるような歌です」とコメントしている。

 今回発表された8枚目となるシングル「さよなら」は、作詞・作曲を水野良樹(いきものがかり)が手掛けたナンバーで、11月22日に発売されることが決定。
 
 この曲について大原は「『さよなら』というタイトルを、まさか水野さんからいただけるとは思っていませんでした。失恋ソングに少しドキッとしました。とても綿密に、色々とご相談させていただきながらレコーディングしました。切ないラブソング、というだけではなく、別れたあとに感じる、生の胸の痛みを伝えられると嬉しいです。そして、聴いて悲しくなる曲ではなく、むしろ『いい恋に出会えた』と振り返り、喜びを感じてもらえるような歌です。この秋冬、多くの方に寄り添える楽曲になりますように」とコメントしている。

初回限定盤A

 また、同時にジャケットなどのニュービジュアルも公開された。ただのラブソングでない優しさや、切なさ、前向きさも感じるジャケットビジュアルとなっている。

 なお、11日からはZepp Sapporoを皮切りにツアーもスタートする。ライブ会場でこのニューシングル「さよなら」を予約すると特典として「ライブ会場限定さよならステッカーシート」がもれなくついてくることも発表された。