miwa

 シンガーソングライター、miwaの新曲「We are the light」が、10月13日からスタートするテレビ東京ほかドラマ25『セトウツミ』のエンディングテーマに決定した。同曲に対しmiwaは「“誰もが誰かの光”という想いを込めて作りました」とコメントしている。

 「We are the light」は、miwaが10月25日にリリースするニューシングル。その同曲が、10月13日からスタートするテレビ東京ほかドラマ25『セトウツミ』のエンディングテーマに決定した。miwaとしては2年ぶりのドラマのテーマソングとなる。

 このドラマ『セトウツミ』は『別冊少年チャンピオン』(毎月12日発売)で連載中の此元和津也氏による同名コミックを原作とし、高杉真宙と葉山奨之がダブル主演を務める。関西の男子高校生、内海と瀬戸が放課後、河原でただしゃべるだけの日常を描いた青春コメディだ。

 そしてこのエンディングテーマである「We are the light」は、“誰もが誰かの光”という想いをこめてmiwaが作った楽曲。今年2017年壮大な演出が話題となったアリーナツアーを経て、miwaの進化を感じさせる楽曲となっている。

 同曲についてmiwaは「主人公の二人のゆるい掛け合いがとても面白くて、何気ない放課後の時間なんだけど、実はお互いがお互いを必要としているなぁと思いました。今回書いた『We are the light』は、“誰もが誰かの光”という想いを込めて作ったので、そんな二人を照らせる曲になれたら嬉しいです。ドラマがとても楽しみです!」とコメントしている。

記事タグ