来年9月16日に引退することを決意した歌手の安室奈美恵が26日に公式サイトで、一部マスコミによる過度な取材への配慮を呼び掛けた。安室は「どうかお願いです」などと切実に訴えている。

 20日、2018年9月16日に引退することを発表していた安室。多くの人に衝撃を与えていたが、およそ1週間を経過したタイミングで、自身の公式サイトで「関係各位 マスコミの皆様へ」と題したエントリーを更新した。

 安室は「いつも、ご支援頂きましてありがとうございます」と謝意を込めて挨拶した後、「先日、引退発表をさせていただいてから、一部マスコミの方で、私人である家族や、スタッフの自宅、職場などに過度な取材が連日続いております」とし、一部報道に行き過ぎた行為が見られることを指摘した。

 そして、「マスコミの皆様どうかお願いです、家族、スタッフに対する過度な取材を止めていただけないでしょうか…何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます」と続け、報道の自粛を呼び掛けている。【朝倉浩正】

記事タグ