香取に向けて手を振るファン

 ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの香取慎吾が司会を務める、テレビ朝日系『SmaSTATION!!』が23日、最終回を迎える。同局に押し寄せたファンの一部は放送が始まった午後11時5分、「慎吾!」コールし、声援を送った。

 香取慎吾が2001年から司会を務めてきた同番組はきょう23日、16年の歴史に幕を閉じる。同番組最後の雄姿を目に焼き付けたいと、テレビ朝日前には多くのファンが押し寄せた。

 現地にいるファンや記者の話によれば、同局入りした午後7時半過ぎ、香取は移動車から降りてきて直接ファンに挨拶した。ファンの数は時間の経過ともに増えていた。

 生放送が始まった午後11時5分頃、一部のファンが「慎吾!」コールをおこなった。オープニングを撮り終え、スタジオに移動する香取は、それを確認したのか、ファンに向けて手を振ったという。香取の対応に再び、局前はざわめきが起こった。

 一方、放送では、いつも通り屋外からスタート。香取は天気予報を伝えた後、青のライトアップに染まる東京タワーを見て「驚きのサプライズが」と言い「東京タワーがSmaSTATION!!になっています。信じられない。信じられない。僕の大好きな東京タワーがSmaSTATION!!カラーに。夢が叶っちゃったよね」と感慨深く語った。

 CMを開けてスタジオに戻った香取は、盟友の山本耕史を迎え入れ、「秋の最新行列グルメ待ち時間ランキング」を届けている。

 東京タワーの公式サイトによると、9月23日午後10時以降のライトアップは通常のオレンジを基調にした「ランドマークライト」だが、ライトアップされた色は青が基調。

 TOKYO TOWERのノッポン弟はツイッターで「東京タワーは本日22:30分から24:30分まで2時間限定で、ライトアップを『SmaSTATION!!』カラーに点灯します。16年間、東京タワーをバックにコメントして頂いた香取さん、MCの大下さん、そしてこの番組を続けて頂いたスタッフの皆様に感謝の気持ちを込めて」と綴っている。【取材・撮影=小池直也】