舞台あいさつに立った西田敏行・門脇麦ら

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が23日、都内でおこなわれた映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の公開初日舞台挨拶に出席した。このなかで山田は、最近、10歳の時に埋めたタイムカプセルを掘り起こした事を明かし「思っていた夢が1つ叶っている事が凄い嬉しい」とコメントした。

 この映画は、東野圭吾原作の小説を映画化したもの。今は空き家であるはずのナミヤ雑貨店を舞台に、32年前の手紙が繋ぐ一夜の奇跡を描くストーリー。主演を務めるのは山田で、主題歌には山下達郎の「REBORN」が採用されている。

 舞台挨拶には山田と、俳優の西田敏行、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦と廣木隆一監督が登壇した。まず山田が「公開初日に沢山のお客さんにこの映画を観ていただけてほっとしています」と挨拶すると、西田は「早く皆様にお届けしたいと思っていたので、逆光で見えませんけども、満たされた顔をなさっている様な感じがしています」と笑いをとりながら、貫禄のあるコメント。

 印象に残っているシーンの話題では、監督が「3人(山田、村上、管一郎)の足が速い事」と3人で疾走するカットを挙げた。これに対して、村上が「山田くんが遠慮しないんですよ」と話すと、山田は「監督から『突き当たりを右に』と言われて、走り始めたら突き当たりが全然なくて。3人でぶつくさ言っていました」と撮影の様子を明かし、「楽しみながら走れたので良かったかなと思います」と続けた。

 その3人の中で山田が兄の様な存在、という話になると山田は「お兄さんっぽい事はそんなにしてないなと思います。スタジオ撮影の待ち時間に2人が爆睡しているを見て、『微笑ましいな』と思った事くらいじゃないですか」と述べた。

 若手の俳優陣に囲まれた西田は「このステージ上にいない人も含めて、映画を彩ってくれた人が沢山います。本当に素晴らしい才能。よくぞこれだけ集まったなと思うくらい。人生の過渡期を迎えている尾野真千子とかね」と先日離婚を報道された尾野にも言及するリップサービス。

 また映画にちなんだ手紙についての質問が飛ぶと、山田は「ジャニーズに入った10歳の時にタイムカプセルを埋めていたみたいで、この前母親が掘り起こした」と告白。中には20歳を過ぎた自分宛の手紙が入っていたそうで、「『デビューして東京ドームでライブをしている。家族に白い家を買っている』と書いてありました。とりあえずドームは叶ったので、あとは白い家だなと。思っていた夢が1つ叶っている事が凄い嬉しい」としみじみ語っていた。

 そしてイベント後半では、西田から山田へ手紙が渡されるサプライズも。「あなたは俳優として堂々とスクリーンに存在している」という文が含まれた手紙が読み上げられると、会場からも大きな拍手が沸いた。これに対し山田は言葉に詰まった様子で「びっくりしました。何でこんなにわかるんだろうな、と。同じシーンがなくて、そんなに話した事がないのに心を読まれている様な内容だったので、ぐっと来てしまいました。常に精進して、西田さんとご一緒できる様に頑張りたいと思います」と述べた。

 最後に西田が「この作品が人生の大きなエポックになったら良いなと思います」、山田が「この作品が持ってるパワーは物凄いと思いますし、そう感じていただけたんじゃないかなと思います。沢山の方にこの映画を勧めて頂いて、盛り上げて頂ければと思います」とそれぞれメッセージを送った。【取材・撮影=小池直也】