MAX・NANAがダンサーと電撃入籍[1]

ダンサーと電撃入籍したMAX・NANA

 歌手・安室奈美恵の引退発表を受け、1992年に「SUPER MONKEY’S」のメンバーとして安室とともにデビューしたMAXのNANAが21日、自身のブログを更新。「どんな時も前を見てどんどん先へ進んで行く姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです!!」などとコメントし、安室が引退するまでの1年間、応援し続けたい気持ちを綴った。

 NANAは「☆Respect☆」と題したエントリーを更新し、「SUPER MONKYE’Sとしてデビューが決まり 25年前に一緒に上京してきた奈美恵」と安室らと果たしたデビュー当時をさかのぼった。

 そして、「子供ながらに色んな事に悩んで励まし合って 時にはぶつかって、泣いて笑って とても濃く、充実した楽しい想い出ばかりです。才能溢れながらも誰よりも努力を惜しまない姿に たくさん、たくさん励まされ学ばせてもらいました」と振り返りながら、安室への感謝を寄せた。

 さらに、NANAは「エンターテイナーとして 一人の女性として 自分らしい生き方。どんな時も前を見てどんどん先へ進んで行く姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです!!」と率直なリスペクトを綴る。

 最後にNANAは「心から。。。ありがとう。私ながらにこの一年 精一杯、応援していきたいと思います」と締めくくり、安室のラスト1年を見守りたい心境を寄せている。

 安室とNANAは1992年9月に5人組グループ「SUPER MONKEY’S」のメンバーとして楽曲『恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.』でデビューした。【朝倉浩正】

記事タグ