安室奈美恵

 歌手の安室奈美恵が20日、自身の公式サイトで、来年9月16日をもって引退することを発表した。25周年の節目に決断したことを明かした安室は「最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」とメッセージを寄せている。

 安室は公式サイトで「ファンの皆様、いつも応援していただきありがとうございます」とファンへの感謝のメッセージから書き出した。

 1992年9月にデビューした安室は「先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました」と報告し、「皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。ありがとうございます」と改めて感謝を伝えた。

 そして、安室は「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と意味を込めた文面を綴った後、メッセージを強調するようにカッコ書きで言葉をしたためた。

「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

 来年9月16日をもって引退することを発表した形の安室は「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と新たな決意をにじませる。

 その上で、「そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います 皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します」と報告を締めくくっている。

 安室は1992年9月に「SUPER MONKEY’S」のボーカルとしてメジャーデビュー。94年に「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」に改名し、95年に「TRY ME ~私を信じて~」がヒットした。

 その後、小室哲哉プロデュースで「Body Feels EXIT」「Chase the Chance」「Don’t wanna cry」など立て続けにヒットを飛ばし、97年リリースの「CAN YOU CELEBRATE?」はダブルミリオンを達成。地位を不動のものとし、その影響力は音楽だけでなく、若者の間ではファッションなどをまねる人が続出。“アムラー”旋風を巻き起こした。【朝倉浩正】