鈴木雅之

 歌手の鈴木雅之が9日、10日に、東京国際フォーラムでゴスペラーズ、Skoop On Somebodyとともに毎年開催しているソウル・ミュージックの祭典『SOUL POWER』をおこなった。今回は、初出演となるchayやCHEMISTRYが参加。また、鈴木は歌手の野宮真貴とchayとともに、小沢健二のカバー曲「ラブリー」、デュエットの名曲「渋谷で5時」を披露、多彩な楽曲でファンを魅了した。

 『SOUL POWER』は、鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyが毎年開催しているソウル・ミュージックのライブイベント。今年は、2日間で1万人の観客を動員し12回目の開催となった。

 トップバッターには、今年デビュー20周年を迎えるSkoop On Somebodyが登場。新曲「Every Kiss, Every Lies」などを熱唱。さらに、『SOUL POWER』恒例のスペシャル・コラボレーションとして、CHEMISTRYがステージに登場。名曲「My Gift To You」を共演し、満員の観客から大きな歓声を浴びた。

 続いて、『SOUL POWER』初出演となるchayが登場。初登場とは思えない堂々としたパフォーマンスで代表曲「あなたに恋をしてみました」、荒井由実のカバー曲「12月の雨」などを披露。

 そして、2人そろって『SOUL POWER』に出演するのは初めてとなるCHEMISTRYが登場。デビュー曲「PIECES OF A DREAM」から11月15日発売のニューシングル「Windy」まで、圧倒的な歌唱力と美しいハーモニーを聴かせた。

ゴスペラーズ

 揃いのスーツで登場したゴスペラーズは、名曲「ひとり」をCHEMISTRYとコラボレーション。そして最新アルバム収録曲「All night & every night」など全7曲を熱演した。

 イベントの大トリには、鈴木雅之が登場。1曲目に代表曲「違うそうじゃない」を披露。そして、8月23日にリリースした最新カバーアルバム『DISCOVER JAPANIII』に収録した小沢健二のカヴァー曲「ラブリー」を、レコーディングに参加した元祖渋谷系の女王こと、野宮真貴とchayとコラボレーションを披露。3人でこの曲をライブで歌うのは初めてのことで、一夜限りの豪華でプレミアムなステージとなった。

 さらに、デュエットの名曲「渋谷で5時」を3人で歌い華やかなパフォーマンスを魅せた。

 また、今年の『SOUL POWER』で鈴木と「ラブリー」「東京は夜の七時」「渋谷で5時」を初共演・初披露した野宮真貴。ニューアルバムでは、冬のラブソングの名曲「冬がはじまるよ」(槇原敬之作)を鈴木と新たにデュエットカバーする予定。

 最後に鈴木はRCサクセションの名曲「スローバラード」をソウルフルに歌いあげ、その圧倒的な歌唱力を披露した。

 アンコールには、Skoop On Somebodyのデビュー20周年をお祝いし、彼らの代表曲「sha la la」を出演者全員で大合唱し、『SOUL POWER』は幕を閉じた。

 なお、Skoop On Somebodyは今年で20周年を迎え、10月18日には約6年振りとなるオリジナルアルバムをリリースする。