「 “またぎ”(あゆみくりかまきのファンの呼称)は一緒に夢を追いかける仲間。お客さんという感覚はない」と話すあゆみくりかまき(撮影=榑林史章)

 関西出身のアイドルパンクDJユニットの“あゆみくりかまき”が6日に、メジャー6thシングル「絆ミックス」をリリース。2012年1月にDJの「くりか」と盛り上げ役の「まき」で“くりかまき”を結成。2014年5月に歌うたいの「あゆみ」が正式加入し、現在の“あゆみくりかまき”となって活動。2015年3月4日に「鮭鮭鮭」でメジャーデビューした。表題曲の「絆ミックス」はファンやメンバーとの絆をテーマに、「 “またぎ”(あゆみくりかまきのファンの呼称)は一緒に夢を追いかける仲間。お客さんという感覚はない」と話す、3人らしい熱さのある楽曲になっている。また、タイトルにある「ミックス」は、アイドルファンが曲中に入れるかけ声のことで、「ライブで盛り上がるための新しい武器にしたい」と言う。2017年中に日本武道館公演を発表するという目標を、後押しするシングルになった。3人にシングル、ファンとの“絆”について話を聞いた。

ミックスとラップを採り入れた

あゆみ

――「絆ミックス」は、熱くて勢いのあるロックナンバーですね。前回の「ゴマスリッパー」は楽しくてユーモアのある曲だったので、次は熱い曲にしたかった?

くりか そうですね。熱い曲を歌うことがあゆみくりかまきの魅力だとも思っているので。

――タイトルの「ミックス」は、アイドルのライブで見られる、ファンによる合いの手のことですか?

まき そうです。今までの私たちの曲には、「ミックス」を入れる曲が少なかったので、今後のライブでもっと盛り上がりながら、より一体感を生むための新たな武器として、ミックスを取り入れようと話し合いました。

――歌詞からは、これまでの道のりや3人の想いが感じられて、胸が熱くなる曲だなと思いました。

まき ありがとうございます。作詞家の田中秀典さんにそれぞれの想いを伝えて、歌詞にまとめていただきました。3人で相談したわけではなかったのに、「またぎのみんなに感謝の気持ちを伝えたい」ということで一致したのは、やっぱり絆だなと思いましたね。

くりか くりかが歌っている歌詞には、<こんな私を見つけてくれてありがとう>というフレーズがあって。実際にその通りやと思います。何百といるアイドルやグループの中から、あゆくま(あゆみくりかまきの略称)と出会って、またぎになってくれてありがとうという気持ちでした。

――あゆみさんが歌うパートには、<最悪なときに出会った最高な人>というフレーズがありますね。

あゆみ 私は、家族から音楽活動を反対されて悩んでいた時に、2人と出会って背中を押されて、この世界に入る決断をしました。私にとっての<最高な人>は、またぎもそうだしメンバーでもあるので、この<最高の人>と歌うところでは、2人の顔を見る振り付けになっています。

――ラップで歌うパートもありますね。くりかさんは、以前に「WAR CRY」という曲でラップをしていましたが、それとは違う感じのラップですね。

くりか はい。2度目でしたが、すごく勉強になりました。よりラップ感が出るように、リズムを重めの感じで取ることと、細かい言葉のニュアンスまで意識しました。ラップのパートがあると途中で曲の空気感がガラッと変わるから、ライブでの見せ方の幅が広がりますね。

まき 私とあゆ(あゆみ)は、ラップは初めてだったのですごく難しかったです。ノリを出すのが難しいし、入り方が分からなくて。もう、とにかく練習しました。リズムを体に叩き込むしかないみたいな。

あゆみ 私たち流のラップですが、何よりも勢いが大事だと思って、勢いに乗って歌いました。

またぎ(ファン)は仲間

くりか

――「絆ミックス」には、メンバー同士の絆やファンとの絆など、いろいろな絆の意味があると思いますが、メンバーとの絆を感じる時はどんな時ですか?

まき ライブ中、私がシャウトした瞬間に絶妙なタイミングでくぅちゃん(くりか)が音を出してくれる時です。くぅちゃんじゃなきゃ、こうは行かないなって。

くりか 一緒にいる時間が長いからこそ、出来ることやと思います。先日アイドルイベントに出させていただいた時は、当日ステージの状況を見て、動きを変えようと直前に決まって。ぶっつけ本番では不安やったけど、目を合わせてばっちりタイミングを合わせることが出来ました。

あゆみ 私は、ライブの途中で自分の体力がゼロになりそうな時でも、後ろを向いてくぅちゃんと目が合うと復活出来ます。まっちゃん(まき)からも、私が人見知りしていると「何やってんだ」と檄を飛ばされたりするんですよね。そうやってメンバーからパワーをもらえるのも、絆かなと思いますね。

まき 信じられます? あゆは、数日空いただけでメンバーにまで人見知りして、楽屋でよそよそしくなるんですよ(笑)!

――それは、人見知りしすぎですね(笑)。またぎのみんなとの絆という部分では、今の3人にとってまたぎはどういう存在ですか?

くりか 支えてくれる存在やし、“仲間”という意識が強いです。武道館に向けて、一緒に夢を追いかけている仲間ですね。

あゆみ 私たちが引っ張って行かなきゃいけないけど、お客さんという感覚ではないですね。サッカーでは、サポーターは12番目の選手という言い方をするじゃないですか。それと同じで、あゆくまもまたぎをチームの一員だと思っています。

カップリングにそれぞれのメインボーカル曲

まき

――今回は初回仕様限定盤A、K、Mの3種類があって、それぞれがメインボーカルを務める曲を1曲ずつカップリングに収録して、今までとは違った趣向ですね。

まき 初期から私たちの楽曲を作ってくださっているAPAZZI & U.M.E.D.Y.さんから見た、私たちのイメージが曲になっています。私たちのことをよく知ってくれているからこそ、「よく分かってくれているな」と感じることが多くて。みなさんにも、曲を通して私たちのことがもっと伝わったら嬉しいですね。

――やはりメンバーが聴いても、そのメンバーっぽい曲だなと感じますか? 例えば、あゆみさんがメインの「真相はどうでもいい」は、ちょっと大人っぽい恋愛観を歌ったキャッチーなメロディの曲ですが。

まき あゆの曲は、もっと歌い上げる感じのバラードになるだろうと予想していたので、この「真相はどうでもいい」を最初に聴いた時は驚きました。でもあゆは、こういうふわふわした雰囲気ですけど、実はすごく芯が強くて真っ直ぐなので、そういう部分が表現された曲だと思います。

あゆみ 個人的にあまり馴染みのない曲調だったし、最初はどう感情を込めて良いか分からなくて、すごく悩みました。そんなときにまっちゃんが来て、今みたいに言ってくれて。確かにそうだな〜と。

 APAZZI & U.M.E.D.Y.さんは、私が音楽活動を反対されていた時にも相談に乗ってもらっていたので、きっと私の歌に対する気持ちの強さを込めてくれているのだと思います。パッと聴くと恋愛の歌ですけど、それを自分の歌に対する気持ちに置き換えて歌いました。

――くりかさんがメインの「女子か。」は、女子っぽい曲かと思ったら、アッパーなロックサウンドで格好良い曲ですね。

くりか 「クールなくりか」を見せて欲しいと言われて、頑張りました(笑)。この歌詞を読むと、めっちゃ相手のことが好きなんやなと伝わりますけど、ツンデレやなとも思います。ちょっと上から目線な歌詞が、格好良いですね。歌詞をシライシ紗トリさんに書いていただいたのですが、シライシさんに書いていただくのは、めっちゃ久しぶりやったので、それもすごく嬉しかったです。

――そして、まきさんがメインの「「キミが好き」「キミが好き」」は、直球のアイドルナンバーですね。

あゆみくりかまき

まき 私は、もともとアイドルに憧れて音楽を始めたのですが、あゆくまの楽曲はロックで熱いイメージなので、いわゆるアイドルっぽい、明るくて可愛い曲を歌う機会はないだろうと諦めていました。それを今回あゆくまとして歌えるのは、夢が一つ叶ったみたいですごく嬉しいです。また宝物が一つ増えました!

くりか まっちゃんは本当にアイドルが好きで、楽屋でもよくアイドルの曲を流して踊ったりしていたので、本当に良かったな〜と思いました。

――最後に、9月末からスタートする全国6カ所のツアーに向けての意気込みをお願いします。

まき 10月21日のファイナルは東京・ROPPONGI EX THEATERで、あゆくまのワンマンでは最大規模の会場です。まずはここをソールドアウトに出来なきゃ、日本武道館は夢のまた夢なので、絶対に満員にしたいです!

 9月10日までミニライブツアーをやっていて、そこでも変わらない熱量で楽しいライブを絶対にするので、それを見て良かったら是非ツアーにも来て欲しいです。

くりか ミニライブを見てもらったら、きっとワンマンも見たくなると思います!

あゆみ あと、オリコンウィークリーチャート8位も目指しています。あゆくまの最高位が9位なので、「絆ミックス」はそれ以上を獲れるように頑張ります!

【取材・撮影=榑林史章】

◆あゆみくりかまきとは 歌うたいの「あゆみ」、DJの「くりか」、盛り上げ役の「まき」からなる、関西出身のアイドルパンクDJユニット。2012年1月、くりかとまきで「くりかまき」を結成。2014年5月5日に「あゆみ」が正式加入し、現在「あゆみくりかまき」として活動中。2015年3月4日に「鮭鮭鮭」でメジャーデビュー。現在までに4枚のシングルをリリースし、第30回日本ゴールドディスク大賞「ベスト5ニュー・アーティスト」を受賞。2016年4月には、メジャー第1弾アルバム『あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!』を発売し、オリコンウィークリー8位を獲得した。

■作品情報

あゆみくりかまき
メジャー6th「絆ミックス」
発売日:9月6日

▽初回仕様限定盤A(CD)1111円(税抜)SECL-2203
M1. 絆ミックス
M2. 真相はどうでもいい
M3. 絆ミックス(Instrumental)
M4. 真相はどうでもいい(Instrumental)

▽初回仕様限定盤K(CD)1111円(税抜)SECL-2204
M1. 絆ミックス
M2. 女子か。
M3. 絆ミックス(Instrumental)
M4. 女子か。(Instrumental)

▽初回仕様限定盤M(CD)1111円(税抜)SECL-2205
M1. 絆ミックス
M2. 「キミが好き」「キミが好き」
M3. 絆ミックス(Instrumental)
M4. 「キミが好き」「キミが好き」(Instrumental)

■ライブ情報

▽ミニライブツアー
9月6日 東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
9月7日 東京・HMVエソラ池袋
9月8日 東京・HMV&BOOKS TOKYO7階イベントスペース
9月9日 東京・アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ
9月10日 東京・タワーレコード新宿店 7F イベントスペース

▽ボクらの熊魂2017 〜あゆくまと行く全国ロッカショー!〜 supported by uP!!!
9月24日 兵庫・神戸 太陽と虎
9月30日 福岡・DRUM SON
10月7日 愛知・名古屋ell.FITS ALL
10月9日 広島・Cave be
10月15日 宮城・仙台space ZERO
10月21日 東京・ROPPONGI EX THEATER