完成披露上映イベントに出席した、左から英勉監督、松村沙友理、桜井玲香、西野七瀬、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花

 乃木坂46の西野七瀬(23)、桜井玲香(23)、松村沙友理(25)、白石麻衣(25)、伊藤万理華(21)、生田絵梨花(20)が、女優の富田望生(17)、映画監督の英勉さん(はなぶさ・つとむ)とともに28日、都内でおこなわれた映画『あさひなぐ』(9月22日公開)完成披露上映イベントに登場。映画の撮影に向けた“なぎなた”の技能の習得や、役柄へのチャレンジに対する苦労などを語った。

 『あさひなぐ』は第60回小学館漫画賞に輝いた、漫画家・こざき亜衣さんの人気コミックを実写化した映画作品。なぎなたに青春を賭けた女子高校生達の成長を、仲間達との友情やライバルとの対決を交えて描く。『ハンサム★スーツ』『ヒロイン失格』などを手掛けた英勉さんがメガホンを取り、西野が主人公でヒロインの東島旭役、白石がその先輩で憧れのエース・宮路真春役を演じる。

 5月には舞台版『あさひなぐ』の東京公演最終日で、満員御礼の大盛況の中で映画版キャスト発表の舞台挨拶をおこない、今回初めて映画版メンバーによる映画舞台挨拶を実施。この日は舞台版で見せた見せてきたなぎなたの道着姿ではなく黒を基調としそれぞれの個性に合わせたドレス姿で登場した。

杯を交わす乃木坂46ら

 「とりあえず皆さんが覚えたり、練習したりするのが、だいだいうっすら泣いていました」となぎなた習得にかなり苦戦が続いた様子を英監督がコメント。なぎなたの稽古は年明け頃から始まり、撮影期間中も続いたといい、西野は「なぎなた自体も重くて大変だったし、足の裏の皮がめくれそうになったり、筋肉痛だったり」とその苦労を振り返る。生田も手数が多く、型を覚えるのに苦労し「本当にずっと勉強しているような気分でした」と苦闘を続けた様子を明かした。

 松村は撮影までの期間を回想、自身の試合シーンに向け1カ月前から準備していたことを、撮影前日で英監督より変更を告げられ「さすがにこれは撮影できないかも、と一瞬涙が出ました」と心が折れそうになったエピソードを語りながらも「みんなで一からなぎなたを始めたというのが、入学したような気持ちやったし、メンバーも頑張ったし、スタッフさんも監督さんも毎回練習に付き合ってくれはったし、本当にみんなで作っているという感じが。すごく青春でしたね。夜遅くまで一緒に練習もしたから」と充実した日々を振り返った。

 また白石は、撮影がない時もずっとなぎなたの練習をしていたことを振り返り、特に厳しい練習を初日から要求され「やばいなと思って、そこで心が折れそうになりました」と明かしながら「でもなぎなたって楽しいし、出来てくると嬉しくて、全然苦ではなかった」と新たな楽しみを見つけた様子を語り、西野も「いろいろ苦労したけど、私自身それまでなぎなたを知らなかったし、なぎなたの持つ日本らしさというか、それを、身をもって教わることができてすごくいい経験になったなと思います」と実りのある経験だったことを振り返る。

鏡開きをおこなう乃木坂46ら

 一方、桜井と伊藤は、キャラの違いに苦労した様子を告白。桜井は人生初の金髪に挑戦、きつい言葉ながら情に厚い八十村将子役を担当、役をもらった時には皆から「『キャラが違う』と言われた」と言われた一方で「私自身はそんなに違和感はなくて、むしろ作り込みやすいかなという印象でした」と印象を語りつつ「監督からもっと暴言を吐いてくれってすごく言うんですよ」と難しいリクエストを受け苦労した様子を明かしながら、役柄を振り返り「意外と舌打ちって難しいんだな、って思いましたね」とコメント、実際にその舌打ちを見せて笑いを誘っていた。

 物語の舞台となる二ツ坂高校なぎなた部のキャプテン・野上えり役を務めた伊藤は、オファーの際自分が部長役ということにビックリ。乃木坂46ではキャプテンを務める桜井は、その苦労に同情していたことを明かす一方で伊藤は「(桜井に)結構相談に乗ってもらっていました。その気持ちが一番わかるのがキャプテンかなと思って」と撮影の合間に話をしていたことを振り返っていた。【取材・撮影=桂 伸也】