ファンの間で好評を集めているHKT48宮脇咲良の水着カット。「アート性がある」と好評の声も(Instagramより@39saku_chan)

 HKT48宮脇咲良(19)の普段とは異なる表情をした、水着姿が好評を集めている。

 今月29日に「チェリー宮脇」として“豆腐プロレス興行”での試合を控える宮脇。先日の取材会では「負けるのが好きな人はいないと思うので、勝ちたいと思っています」ときりっとした表情で逞しい言葉を残していた宮脇だが、インスタグラムで公開した写真は180度異なる柔らかい表情だ。

 宮脇は24日と25日にかけて、自身のインスタグラムの公式アカウントに7枚の写真を公開。いずれもプールでの水着カットだが、その表情は艶やかで、大人っぽい印象を与えている。

大人の表情も好評だ(Instagramより@39saku_chan)

 24日に更新したツイッターでは、ハッシュタグをつけて「お台場ウォーターパーク」と投稿。その翌日には「夏満喫してる感」「まさかの昨日はプールはしご」「どうしてもこの水着が着たかった」と綴っている。

 インスタグラムなどで公開された宮脇の水着カット写真を見た読者からは「可愛い」「おしゃれ」「綺麗」と絶賛の声が寄せられている。

 また、羽と思わせるペイントが施された壁の前に立つ宮脇の写真は「天使」を想像させるとして「アートだ」「癒される」とアート性も評価する声も散見される。

 宮脇は24日発売のテレビ誌『B.L.T.』10月号(東京ニュース通信社)でも表紙を飾っており、ここでも大人の表情をみせている。普段とは異なるこうした表情でもファンの心をくすぐっているようだ。【武田祐樹】

記事タグ