代々木第一体育館でワンマンライブをおこなった内田真礼

 声優、歌手、女優の内田真礼(うちだ・まあや)が2月25日・26日、東京・渋谷の代々木第一体育館でワンマンライブ『Smiling Spiral』をおこなった。

 2009年に声優としてデビューした内田は、2014年放送のアニメ『悪魔のリドル』のオープニングテーマ「創傷イノセンス」で歌手活動をスタートさせた。さらに一大アニソンイベント『Animelo Summer Live 2015 ~THE GATE~』に出演を果たし、2016年には初のワンマンライブを東京・中野の中野サンプラザで開催。シンガーとしてデビューしてから今までにフルアルバムとミニアルバムをそれぞれ1枚、さらに4枚のシングルをリリースと、着実にそのキャリアを積み上げている。今回おこなわれた代々木第一体育館は、5000人規模の大きなホールであり、まだ2回目のワンマンステージであることを考えると、異例のライブとも思えるが、1月に急きょ追加公演が発表され、25日・26日とツーデイズ開催となったことからは、いかに沢山の根強いファンが彼女のステージを待っていたのかがうかがえる。2日間のステージで動員数は1万3000人にものぼったというこのライブ。今回は2日目、26日におこなわれたステージの模様を以下にレポートする。

様々な才能を開花させる一方で、距離の近さを感じさせる親しみ

ライブのもよう

 ステージから入り口まで縦に長く伸びたフロア、そしてそれを両側から挟む1階席、2階席。ステージからは、その縦方向に向かって花道が伸びており、その途中、会場の中心に当たる位置に丸いステージが開かれている。そのガイドラインは、鍵穴のような軌跡を描いている。2階構成になっていたステージに彩られたカラフル色彩と、会場に流れていた「C’mon Everybody」や「のっぽのサリー」などの60’sのスタンダードが人々を、どこか懐かしくも、ポップでワクワクするような空間に誘っていた。

 ステージ開始前、会場のスクリーンには内田のプライベートを追う特別映像が流れた。「内田真礼の『SA寄ります』」と題されたその映像は、まだ車の運転に慣れていない内田が、車に乗って高速道路のサービスエリアに寄るという他愛のないもの。しかし、料金ゲートを抜け高速に入った際にみせた焦る表情には、どこか人を楽しくさせるような笑顔が垣間見える。無事サービスエリアに到着し、ホッとした表情を見せる内田に、まだステージも始まっていないのに会場のファンは大きな拍手を送る。様々な才能を開花させ、心境著しい内田だが、その一方で、どこか距離の近い親しみを感じさせる一面だ。

 定刻を10分ほど過ぎたころだろうか。会場は暗転、そして再び照明の明かりが照らされたステージでは、バックバンドのメンバーが、SEで流れた60’s的なナンバーをインストで披露。ひとしきりプレーが終わると、スクリーンにはライブのタイトル『Smiling Spiral』の文字が映し出される。そして再び演奏が始まると、ステージ1階の真ん中の扉が開き、中から沢山のダンサーが飛び出し、それについてアメ車の上に立つ内田がいよいよ登場した。その車に乗って、内田は花道を通り中央ステージまで進んでいく。真っ白にところどころ赤いチェックのデザイン、そして頭には大きなリボン。その白のイメージに合わせて、会場は白のサイリウムで塗りつぶされた。

ステージ上はさながらお祭り騒ぎ、興奮は最高潮に

ライブのもよう

 1曲目の「Shiny drive, Moony dive」からすでに会場は異常なほどの興奮に包まれていた。「内田真礼 2nd LIVE Smiling Spiral! 今日はみんなで楽しんでいくよ!」内田は叫んだが、それをいうまでもない、といわんばかりに観衆の大きな歓声が内田に返される。サーフソング的なノリ、後ノリ8ビートと、内田のこの日の衣装ともあいまって、ここは60年代のアメリカのダンスフロア。ウキウキが止まらないとばかりに、はじける様な笑顔を360度すべての観衆に振りまく。「みんな元気かい! 私も元気だよ!」「ライブ、みんな楽しんでくださいね!」。その言葉のたびに大きな歓声で返す観衆。さらには内田が早くもコールアンドレスポンスを呼び掛けるなど、その興奮は高まるばかりだ。

 そしてMCの後はフッとステージから消えたかと思うと、続く曲とダンサーの登場に合わせ、内田は黒のドレスに。4曲目の「Resonant Heart」からは、ストレートに疾走するようなナンバーが続く。激しく波打つようなフロア、そしてスタンド。ついにはカーゴに乗ってフロアを移動し、さらに観衆との距離を近くする内田に、観衆の興奮はこれでもかといわんばかりに高まるばかりだ。しかし「創傷イノセンス」ののちに、ダンサーたちによる幻想的なダンスパフォーマンスが終わると、内田は全身白に花柄をあしらったドレスで登場。「Moment」からはバラードやソフトなサウンドを披露、元気なだけではない、また違った自分の一面を見せる。前日のライブを振り返りながら、内田は語った。「今日はね、昨日より落ち着いていますよ。昨日は最初『フェスかな?』と思ってた。でも今日は『私のライブ』です!」多くの観衆に支えられて今、この場にいることを改めて実感する内田。その感謝の気持ちを表すかのように、アコースティックアレンジによる「Life is like a sunny day」へ。

 そしてステージも後半に入り佳境に近づいてきた。一度内田がステージからはけると、ステージには小太鼓、大太鼓、そして小鼓の和太鼓アンサンブルが登場する。和のセッションの展開に看守も最初は困惑気味だったが、徐々に盛り上がりを見せるそのプレーに、徐々に手拍子を送る。そして、そのリズムに合わせさらに演奏は始まり、この日様々な衣装へ早着替えでも観衆を楽しませていた内田は、次は着物を彷彿させる白の襟巻きを巻いたドレスで再び登場する。着物や忍者のようなスタイルのダンサーもステージを盛り上げ、ステージ上はさながらお祭り騒ぎのよう。さらにはバックバンドのメンバー紹介からインストナンバーのプレーを挟み、「ラストスパート、始めます!」という一声で、会場の興奮は再び最高潮に達した。

新たな「思い出更新」を目指して

ライブのもよう

 いよいよライブもクライマックス。「Hello,1st contact!」「ギミー!レボリューション」と、内田のファンにはたまらないキラーなナンバーがさらに興奮を煽っていく。サビのメロディからキメまで知り尽くしたファンたちのサポートが、内田の歌声をさらに大きく、楽しいものにしていく。そして、ラストナンバー「Smiling Spiral」へ。まさにこの日のライブのテーマを表すかのように、内田も、ダンサーたちも、そして観衆も、すべてが「Smiling Spiral」に包まれていた。サビの言葉が、内田の歌からも、観衆の歓声からも聞こえる。お互いの言葉が、お互いの気持ちをさらに高ぶらせる。そしてエンディング。

 「ありがとうございました!」その言葉とともにステージを去った内田。そして鳴り響くアンコール。再び登場した内田は、5枚目のニューシングルリリースが決定したことを発表しつつ「楽しくて楽しくて、我を忘れてしまった…」と絶句しながら、この日を迎えるにあたって実は不安を抱えていたことを明かし「でも、ステージが終わっちゃうの、嫌なんだ」と、一抹の寂しさを見せる。そしてここまで自身を支えたスタッフ、観衆への感謝を述べながら、アンコール最後のナンバー「Hello, future contact!」へ。最後は観衆とのコーラスもしっかりと決めエンディング。しかし「もう1回!」「もう1回!」とアンコールをせがむ観衆に向け、予定のなかったセカンドアンコールを実施。「最高の2日でした! 本当にありがとう!大好きだよ!心からみんなのことを愛しています!」内田はそう叫び、再び「Smiling Spiral」を披露する。「みんな、またね!」最後の内田の声とともに、2日に渡る内田のステージは、幕を閉じた。

 演奏が終わってもステージ右、左、そして花道の一番先へと、手を振り観衆への感謝の気持ちを表す内田に、観衆は<You can do it!ガ・ン・バ・レ!>と「Smiling Spiral」の一節を連呼し、内田への思いを伝えていた。「幸せはね、積んでいけるんですよ、思い出は更新できる」アンコールの際、内田は語った。そしてライブ終了後、スクリーンには「思い出更新!!」と内田が書いたメッセージが映し出されていた。多くの観衆に支えられ、この日を迎えた内田。「あっという間のライブだったな!」ライブが終わり、家路につこうとしていた観衆の一人が語っていた。きっと次の更新も、そう遠く待つこともなく訪れるに違いない、彼の一言は、間違いなくそうだろうと思わせてくれるような一言だった。

(取材=桂 伸也)

セットリスト

『内田真礼 Smiling Spiral』
2017年2月26日 @東京・代々木第一体育館

01 Shiny drive, Moony dive
02 クラフト スイート ハート
03 アイマイ☆シェイキーハート
04 Resonant Heart
05 世界が形失くしても
06 Distorted World (※26日公演のみ)
07 創傷イノセンス
08 Moment
09 TickTack…Bomb
10 5:00AM
11 Life is like a sunny day(※26日公演のみ)
12 モラトリアムダンスフロア
13 からっぽカプセル
14 クロスファイア
15 Hello,1st contact!
16 ギミー!レボリューション
17 Smiling Spiral

encore
EN1 わたしのステージ
EN2 高鳴りのソルフェージュ
EN3 Hello, future contact!

2nd encore
EN4 Smiling Spiral (26日公演のみ)