デビュー会見をおこなったClef Leaf。ブラックマヨネーズの吉田敬と元NMB48の門脇佳奈子に挟まれ

 アイドルグループのClef Leaf(クレフリーフ)が3日、都内で、メジャーデビューに向けた記者会見をおこなった。この模様はアイドル専門テレビチャンネル・KawaiianTVの番組『コロムビアアイドル育成バラエティ 14☆少女奮闘記!』で生放送され、オリコン20位以内に入った際の公約を「『うる星やつら』のラムちゃんのコスプレでライブをする」とした。

 Clef Leafは、日本コロムビアのアイドルレーベルであるLabel The Gardenのユニット。彼女たちは、8日に発売の1stシングル「Evergreen」をもって、メジャーデビューとなる。メンバーは神谷泉水、幸重なな、板橋加奈、坂下雅、伊原佳奈美の5人。また、生放送された『コロムビアアイドル育成バラエティ 14☆少女奮闘記!』はグループの冠番組でもあり、ブラックマヨネーズの吉田敬がMCを、元NMB48の門脇佳奈子がアシスタントを務めている。

 この日は、放送スタートと同時に記者会見も開始された。神谷が「書いてもらえる様な事を言っていくようにするので、是非沢山聴いてください。宜しくお願いします」と番組の宣伝も交えて記者たちにアピール。番組には、レーベルメイトのFlower Notes、seeDreamのメンバーも出席した。

 Clef Leafのこれまでの軌跡のVTRが流されると、涙ながらに脱退していったメンバー達の姿も映された。思い出が蘇ったのか、神谷が涙し、幸重も映像を見ながら目を潤ませ、坂下が手を繋いで慰める一幕もあった。

 グループの今までの流れを確認した後、メンバーが所信表明をおこなった。

 坂下「ダンス、歌などをメジャーデビューまでにもっと伸ばして、完成度を高めていきたいと思います」

 伊原「メンバー入りして、リリースイベントがあって、凄いスピードで1日があっという間に感じます。8日まで出来る事が沢山あるので1日1日を大切にしていこうと思います」

 神谷「ちょっとずつでも成長せなあかんと思うので、最後の追い込みをしていこうと思います」

 板橋「私は学校を辞めて上京してきたので、親にも迷惑を掛けてきたし、活動辞退したメンバーの分まで、MCもパフォーマンスも磨いて行きたいと思います」

 幸重は「ライブするのが大好きで、歌もダンスも頑張って、『ライブが楽しい』と言われる様になりたいです」。

 そんな彼女たちに対し、吉田は所々で鋭いツッコミを入れつつも、メジャーデビューについて「やっぱ重いのぶつけてほしいですよね。はち(幸重)が過呼吸になるくらい泣いた時、適当な気持ちで番組に参加しちゃ駄目だなと思いました」としみじみ。

 しかし吉田は、泣きながらあるメンバーが脱退した収録を欠席した事について「その時、温泉旅行行っててごめんな」と告白。門脇からもひんしゅくを買っていた。

 その門脇はこれまでの流れを踏まえて、「はち(幸重)はふわーっとしてるけど、熱い想いがあるし。神谷もグループ全体を見れる様になってきて成長した」とアイドルの先輩らしいコメント。

 さらに後から加入した、他の3人については「不安もあると思うけど、これからより一層頑張らないと追いつけない。メジャーデビューがスタートという事で立ち止まらずに頑張ってほしい」と激励した。

デビュー会見をおこなったClef Leaf(神谷、坂下、伊原、幸重、板橋)

 番組内では記者との質疑応答の時間が設けられた。

 Flower Notesに勝っているポイントについては幸重が「仲の良さ」、坂下が「MCの盛り上がり」、伊原が「チームワーク」、神谷「清楚さ」、板橋が「ライブ後の水分補給量の多さ」とそれぞれ答えた。

 また、出てみたいテレビ番組と会ってみたい芸能人については、伊原が『しゃべくり007』とHKT48・指原莉乃、神谷が『ミュージックステーション』とNMB48・白間美瑠、神谷は『めざましテレビ』とNMB48・山本彩、坂下は「学園ドラマ」とSKE48・松井珠理奈、幸重は「吉本新喜劇」と芸人のすっちーを挙げた。

 オリコンの目標についてはまず30位と宣言したが、吉田の喝が入り「20位」となった。さらに20位に入った時の公約についても吉田の強い要望で「『うる星やつら』のラムちゃんのコスプレでライブをする」に決まった。

 最後は、神谷が「私たちまだまだ、足りないところは一杯あるんですけど。少しでも成長した姿を見せられるように頑張りますので、よろしくお願いします」とメジャーデビューへの意気込みを語り、番組は幕を下ろした。(取材・撮影=小池直也)