舞台挨拶に出席した早見沙織と山田尚子監督

 声優で歌手の早見沙織(25)が2月1日、東京・新宿ピカデリーでおこなわれた、自身が主人公・西宮硝子の声優を務めるアニメ映画『聲の形(こえのかたち)』の舞台挨拶に出席した。この日は山田尚子監督も出席し、作品について改めてその想いを語った。また、壇上ではもう1人の主人公・石田将也の声優である入野自由(いりの・みゆ)から寄せられた手紙も紹介された。

 この舞台挨拶は、同作が『第40回日本アカデミー賞』において、「優秀アニメーション作品賞」を受賞したことを記念しておこなわれた。『聲の形』は、漫画家の大今良時氏の同名原作をアニメ化した山田尚子監督による映画。昨年9月に公開され、11月には動員数160万人、興行収入も21億円を超えるヒット作となっている。

 早見は「またこうして、年が明けても皆さんの前に立てて光栄です」と挨拶。受賞については「実感はないですね」とコメント。山田監督は「何かふわっとした感じですね」と同意すると「作品賞なのでみんなで獲ったものですね」とその意義を語った。

 壇上では主人公・石田将也の声優である入野自由から寄せられた手紙も紹介された。手紙で入野は「みんなが同じ方向を向いて精いっぱいの情熱と愛情を注いだ作品が作品賞を受賞。作品に関わった全員に贈られた賞ですね。この一つの結果がより1人でも多くの方に『聲の形』を知って頂ける結果になれば、これ以上喜ばしいことはございません。スタッフの皆様おめでとうございます。ありがとうございました」と喜びと御礼の言葉を綴った。

舞台挨拶に出席した早見沙織

 昨年から計28回の舞台挨拶を体験している山田監督は「北海道から九州まで飛行機で飛んだり、手話付きの舞台挨拶があったり色々な経験をさせて頂きました」と振り返った。

 早見は声入れ時を振り返り、「2日くらいしか、録るのに時間をかけてないんですが、あんなに一致団結して録れたことはないですね」と充実した体験だったことを明かし、今作については「なかなか一言で言い表すのは難しい。ひとり一人、言葉にはできないけど、大事なものをもらえる作品じゃないかなと思います」とその魅力を語った。

 山田監督も「とても素晴らしい原作でしたし、人生をかけて作った作品。スタッフとの出会いも素晴らしくて、とても大事な作品です」と生涯に残る大事なものとなった様子。

 最後に早見は「こんなに時間が経っても皆さんとこの作品を共有できて嬉しいです。少しでも胸に残ればいいと思います」と上映会に訪れた人に呼びかけると、山田監督は「この作品は、皆さんに少しでも希望の光を灯すことが出来ればとスタッフで心を込めて作りました。皆さんも幸せな体験をして頂ければと思います」と作品に込めた想いを語った。

 さらにこの日は、同作品が5月17日にDVD、Blu-rayとしてリリースされることが発表された。初回限定版には、特典映像などが付属する。(取材・松尾模糊)

作品情報

▽イントロダクション
「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描き、全世代から共感と感動を呼んだ名作、大今良時の漫画「聲の形」。このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションによりアニメーション映画化された。

▽あらすじ
 ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

▽キャスト&スタッフ
キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織/西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行/石田将也(小学生):松岡茉優
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美  設定:秋竹斉一 撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 主題歌:aiko「恋をしたのは」 
音楽制作:ポニーキャニオン  アニメーション制作:京都アニメーション 
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)配給:松竹
大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会 

▽Blu-ray&DVD
発売日:2017年5月17日(水)
本編129分
Blu-ray 初回限定版(BD本編ディスク+BD特典ディスク):8000円+税
Blu-ray 通常版(本編ディスク1枚組):5200円+税
DVD(本編ディスク1枚組):3800円+税
発売元:京都アニメーション・映画聲の形製作委員会
販売元:ポニーキャニオン