「1000年に1度の童顔巨乳」との異名をとる、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(17)が、自慢の美ボディを惜しげもなく披露したグラビアオフショットを公開。その大人っぽい姿にファンから称賛の声が続々と挙がった。

 浅川は19日に自身のツイッターで、同日発売された「週刊少年チャンピオン」の表紙や巻頭グラビアを飾っていることを報告。「表紙がいつもと違って大人っぽかった(気がする)」とコメントし、オフショットを公開した。

 「週刊少年チャンピオン編集部」のツイッターアカウントで、浅川が表紙を務めた最新号の画像がアップされている。浅川はそれをリツイートしているが、その表紙画像は、やや顎を上げ、口元をほんのりと空けたセクシーな妖艶さが漂っている。

 さらに、浅川が公開したオフショットは「水着」。ソファに座った写真では、豊満な胸元が特徴的だ。髪を押さえたスタンディングポーズでは、綺麗な体のラインを浮かび上がり、″童顔″がウリの浅川だが、″大人″な魅力も備わっていることを確認することができる。

 このショットにファンからは続々と反響が挙がり、「可愛いセクシー」「セクシー梨奈ちゃんや」「めちゃめちゃカワイイよー」「大人っぽくびっくり」「惚れてまうわぁ~」「大人っぽい中にも可愛らしさもあって、最高やね」「美ボディすぎて震える」などと興奮状態に突入している。

 浅川はまた、「制服がマジすかのネズミっぽかったので意識してみた」ともコメントを付け、制服姿の自身のショットも公開。″マジすかのネズミ″とは、テレビ東京系『マジすか学園』のなかで、AKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友が扮するキャラクターのこと。

 ファンも浅川と同じ印象を持ったようで、「確かに、ネズミっぽいな」「ネズミみたいや!」「本当だーー」などの声を浅川のツイッターに向けてコメントしている。

 2015年6月に「週刊プレイボーイ」で初めて単独でのグラビアを飾った浅川。その可愛らしい表情とは裏腹に当時16歳とは思えない豊満なボディから「1000年に1度の童顔巨乳」と瞬く間に話題に。25日には初の写真集「なないろ」が発売されることになっている。

記事タグ