大島優子がSKE宮澤佐江にエール

大島優子

 元AKB48で女優の大島優子(28)が、SNSで発見したという、元仮面女子でグラビアアイドルの天木じゅん(21)の“2次元ボディ”を触りながら興奮。我を忘れた様子を見せた。

仮面女子時代の天木。水着姿でしっかりと“強み”をアピール

 大島は16日に放送された、日本テレビ系『しゃべくり007』に女優の榮倉奈々(28)、吉高由里子(28)とともにゲスト出演。それぞれの休日の過ごし方や、共演時のエピソードなどを語った。

 番組では「会いたい人007」のコーナーで、榮倉の「会いたい人」として148cm・Iカップの“2次元ボディ”の持ち主である天木を指名。榮倉は「大島さんに紹介してもらった人で、そのおっぱいが生で見たい。おっぱい大好き」と“おっぱい好き”をカミングアウト。

 大島は「私もSNSで発見して、惜しみなく胸元を揺らして出してるんです」と天木を紹介。榮倉は「毎日インスタグラムをチェックしている」と熱烈なファンであることをアピールした。

 実際に天木が登場すると、榮倉は歓声を上げた。天木はインスタグラムにアップしているという、シンガーソングライター・ピコ太郎の「PPAP」の“ペン・おっぱい・おっぱい・ペン”バージョンを披露。2本のペンを胸の谷間に挟み込み、替え歌でパフォーマンスを見せた。

 番組MCのくりぃむしちゅー上田晋也は「いいよ! 俺は『PPAP』よりこっちの方が好き」と天木を絶賛した。

 さらに榮倉はその天木の胸を触り「やばーい! フワフワ」と歓喜した。続いて吉高、大島もその胸を触り、大島は「ウフフフフ」と興奮しながら背後から両手を胸部に回しその感触を確かめていた。

 我を忘れる大島を見て、上田は「何を興奮してんだよ(笑)」とツッコみを入れ、収録現場は笑いに包まれた。

 天木は2015年3月に仮面女子とその派生ユニット「アーマーガールズ」を卒業。現在はグラビアアイドルとして活動。昨年10月に写真集『二次元カノジョ』を発売している。ちなみに、実姉は女性ダンスグループの仮面ライダーGIRLS・黒田絢子である。