MAXのNANA

 女性4人組ダンスボーカルグループMAXのNANAが、20代の頃は100%で踊っていた振付を、今は60%に抑えていると告白した。また、歌手の堀ちえみは「MC中に何を歌ったか忘れてしまう」と明かし、40歳を過ぎておこなうライブの知られざるミュージシャンの苦労を語った。

 NANAは10日に放送された、テレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』にゲスト出演。その他、堀ちえみや松本伊代、LUNA SEAのドラマー真矢が40代超えのゲストとして出演し、40歳を過ぎて体力の衰えとともに訪れる苦労を語った。

 同じくこの日出演した、Kis-My-Ft2北山宏光(31)とNANAは同じジムでばったり顔を合わせたという。NANAは「そうやって鍛えていても、やっぱりライブは全然体力が追い付かなくて…」とライブでのパフォーマンスの過酷さを訴えた。

 さらに「今まで100%で踊っていたところを少し、60%に抑えてみたり」とライブで体力の配分を計算していることを明かした。

 番組MCの中居正広(44)は「それ、手を抜いてるって思われるんじゃないの?」と率直な疑問を呈した。NANAはキレを抑えて、柔らかくその“6割の踊り”を実現。松本は「大人の色気を出してるのね」と年齢とともに変わる魅力に理解を示した。

 また、堀は「私、MCやってると、直前に何歌ったか忘れてしまう」とセットリストも覚えられなくなることを告白。中居は「歌詞はどうしてるんですか?」と尋ねると、堀は「歌詞は覚えてる」と答えたものの、松本は「時々、頭が真っ白になって。だいたい<私は~♪>って歌詞作って誤魔化します」と記憶力とも戦っていることを明かした。

記事タグ