チャラン・ポ・ランタン

 姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンが10日、新曲「かなしみ」のミュージックビデオを公開した。同曲は、18日にリリースされるアルバム『トリトメナシ』に収録される。同曲はMr.Childrenの桜井和寿(Vo、Gt)がコーラスで参加している。なお、Mr.Childrenが他アーティストの楽曲に演奏で参加するのは初めてのこと。桜井は「とても愛しい作品になった」とコメントした。

 チャラン・ポ・ランタンは、昨年放送されたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニングを担当し、話題となった。「かなしみ」はMr.Childrenのツアーメンバーであるバンドの「ヒカリノアトリエ」がアレンジ・演奏を担当した楽曲。

 Mr.Childrenが他アーティストの楽曲にアレンジ・演奏で参加するのは初めてのこと。姉の小春がアコーディオンでMr.Childrenのツアーにサポートとして参加した際、自身で作った「かなしみ」をメンバーに聴いてもらったところ大好評を受け、今回のアレンジ・演奏の参加が決定したという。

 Mr.Childrenの桜井和寿は「この曲『かなしみ』は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。とても愛しい作品になったと思います」と、楽曲への想いをコメント。

 そのメロディーを映像からも伝えるため、ミュージックビデオの構成もシンプルに、通り過ぎる人々、街並み…過ぎていく1日の時の流れをバスに乗ったもも(Vo)の表情を合わせることで、どこか哀愁を感じることのできる作品になっている。

「かなしみ」MV