リハーサル時は未発表であったため、仮1位としてセンターに指原莉乃が立っていた。その横には山本彩が…

 【第67回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】今年の紅白で“夢の紅白選抜”メンバーの投票をおこなったAKB48グループ。一般投票で選ばれたAKB48紅白選抜“48人”のうち、上位16人は本番で発表されることになっていた。「夢の紅白選抜SPメドレー」と題し2曲を披露したが、1曲目を終えた段階で順位発表を実施。1位に山本彩が輝き、楽曲「君はメロディー」をセンターで歌唱した。

 1曲目は力強いダンス&歌唱が印象的な「RIVER」。それを終えると、メンバーの後ろにバックモニターが降ろされ、上位16位の名前が、下位から順番に映し出されていく。3位・島崎遥香の発表まで一気に進んだが、2位と1位の発表で一端、間をとる。そして、2位・指原莉乃、1位・山本の順位が公表された。

 1位を獲得したことを確認した山本は驚きの表情。「ありがとうございます」と戸惑いながらセンターの位置にポジションを移し、目元には涙があふれた。

 山本が喜ぶ暇もなく始まった2曲目「君はメロディー」。歌唱が進むうちに、いつもの愛らしい笑顔を取り戻していく。万感を胸に秘めながらAKB48紅白選抜のセンターとして、ソロ部分も見事に歌い切り、“夢の紅白選抜”の舞台を大いに盛り上げた。

 歌唱後に山本は「一気に緊張がきたので、震えが止まらないんですけど、すごく嬉しいです。ありがとうございます」と高揚している様子。白組司会の相葉雅紀らから祝福を受けた。

 順位は事前にメンバーにも知らされていなかった。そのため、リハーサルは今年のAKB48選抜総選挙の順位に沿っておこなわれ、センターポジションは総選挙1位の指原が仮に務めていた。

記事タグ