2016年の締めくくりと共に、かつ新たな時を迎える前哨ともいえるステージとなった