ファンの間で好評を集めている、さや姉&藤原さくら&chayによる“ギタ女”3ショット写真(山本彩のツイッターより)

 NMB48の“さや姉”こと山本彩(23)が7日放送のフジテレビ系『2016 FNS歌謡祭』で、シンガーソングライターの藤原さくら(20)、同じくchay(26)との夢の競演を果たした。3人ともギターを持ち、それぞれの楽曲を熱唱。出演後にギターを左に向けた“ギター女子”3ショットを公開し、ファンから歓喜の声が挙がっている。

 山本、藤原、chayの3人はそれぞれの自身の楽曲を順番に歌唱。3人ともギターを演奏しながら、山本がセンターを務め、左に藤原、右にchayが立った。藤原の「Soup」、chayの「それでしあわせ」、そして、山本の「雪恋」の順に、優しく、時にパワフルな歌唱でステージを盛り上げた。

 出演後に自身のツイッターを更新した山本は「コラボさせて頂いた 藤原さくらさんとchayさんと 緊張した。。。」と喜びの声。さらに、chayもツイッターで、「それぞれの曲をみんなで歌って凄く新鮮で楽しかった 彩ちゃんとは以前『チェリー』をコラボしたので2回目 またいつか三人一緒に歌えるといいな」と共演を楽しんだようで、藤原も含めて、それぞれがツイッターに3ショット写真を公開した。

 この共演を見守った様子のファンからは続々とメッセージが届けられた。ファンは「最高のコラボでした!感動しました」「3人が初コラボとは思えないくらい程でした」「アーティスト山本彩! 最高っす」と反響のコメントを投稿。

 3人が公開した写真は、歌唱時の立ち位置でピースサインを作ったもの。ギターを左に向けた同じポーズを取っている。この3人そろった出で立ちに、「ギター女子めっちゃよかった!」「ギター女子素敵でした」「またこのギター女子三人でやってほしい」などと、″ギター女子″3ショットに歓喜の声を寄せている。

記事タグ