18作目のシングル首位となったモーニング娘。’16「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」

18作目のシングル首位となったモーニング娘。’16「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」

 モーニング娘。’16の最新シングル「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」(11月23日発売)が、発売初週に9万8000枚を売り上げ、12月5日付オリコン週間シングルランキング(集計期間=11月21日〜27日)で初登場1位を獲得した。

 同グループは通算18作目のシングル1位獲得となり、同・獲得作品数における女性グループ歴代2位の座を堅守。これとともに、同グループが全アーティスト歴代1位を独走している「シングルTOP10入り獲得作品数」(同・歴代2位はSMAPで55作)も通算62作に更新した。

 トリプルA面となる今作に収録され、サックスの音色が印象的な「セクシーキャット――」は、リーダー・譜久村聖と、工藤遥、小田さくらがセクシーな“猫”に扮するミュージカルタッチの楽曲。また、“歌謡曲”をテーマとした「そうじゃない」では牧野真莉愛が初の単独センターを務める。

 なお、同グループはこれまで選考をおこなっていた13期メンバーのお披露目を現在展開中の全国ツアーの最終日となる12月12日の日本武道館公演でおこなうことが決定。これに先がけての1位獲得で新たな仲間を万全の体制で迎え入れる。

記事タグ