観客動員数が満員にできたら日本武道館でライブを開催するフラチナリズム(提供:日本クラウン)

観客動員数が満員にできたら日本武道館でライブを開催するフラチナリズム(提供:日本クラウン)

 “崖っぷちバンド”の異名を持つ4人組ロックバンドのフラチナリズムが11月19日に、東京・中野サンプラザホールで、ワンマンライブ『中野サンプラザホール〜満員になったら武道館〜』をおこなった。16日に2ndシングル「涙の雨がやむ頃に/ズコ☆バコ」をリリースした彼らは、この公演で観客動員数が満員にできたなら次なるステージ、日本武道館でライブを開催すると公言していた。その運命を分けるこの日は『ものまね紅白歌合戦』企画も挟み、アンコール含め全16曲を熱演。果たして、公言していた通りの結果を迎えることができたのか。

初の大舞台は「涙の雨がやむ頃に」で幕開け

ボーカル&エンターテイナーのモリナオフミ(提供:日本クラウン)

ボーカル&エンターテイナーのモリナオフミ(提供:日本クラウン)

 開演前には前方エリアで、プラチナチケットを購入した人のみが着用できる、黄色いバンドTシャツの姿に身にまとった観客の姿。場内は今か今かとライブが始まるのを楽しみにしているようだった。影アナでは、ボーカル&エンターテイナーのモリナオフミが自らアナウンス。今回は特別に、ライブの一部分だけは撮影が可能ということも発表され、ファンも興奮気味であった。

 ステージに、モリが登場し、発売されたばかりの新譜から「涙の雨がやむ頃に」をアカペラで披露。今宵の彼らの物語の始まりはこの珠玉のミディアムバラードからスタートした。

 序盤から“聴かせ曲”を浴びせられ、オーディエンスもフラチナリズムのサウンドから耳が離せないようだった。「行きましょうか!」というモリの掛け声と共に、続けたのは「ひな壇芸人行進曲」。サビでは、数多くの手拍子をする姿がフロアには広がっていた。

 「プラネタガール」では、「今からタオルを振ります。何でもいいから振り回せ!」とモリが煽ると、場内は盛大なタオルの渦が広がっていく。日頃のストレスをぶっ飛ばしてくれるかのように、オーディエンスは彼らのパワー漲る力に身を任せ熱量をあげていく。「運命共同体」では、「叫べ!」「叫べ!」「歌え!」「歌え!」とコールアンドレスポンス。まさにフラチナリズムとの運命共同体を作り出しているように感じさせた。

 モリがMCで「(ライブ)を発表してから1年ですか。みなさん今日のライブ楽しんでくれてますか? 初めてこういう大舞台に立ててやらせてもらっています。非常にありがたいことです。8月には1stフルアルバム『ハーフ&ハーフ』をリリースさせて頂きまして、今日は少し肌寒いですが、『ハーフ&ハーフ』の中に入っている夏の曲からいきたいと思います。ここだけ夏モードに変えたいと思うので、知ってる方は一緒に歌ってください!」と語り、「抱きしめてWonderland」を披露。季節外れの楽曲だが、今この寒い時期を温めてくれるポップテイストなサウンドが聴いていてとても心地いい。

 「モンロー・ウォーク」では田村優太(Gt)がミステイクをするという場面もあったがそこは愛嬌、場内は笑顔が溢れた。その後、仕切り直し演奏はスタート。ピンク色の魅惑の照明に照らされながら、色気のある景色をギター田村のソロで華を添えていく。

 続くナンバーでは松田聖子の代表曲「赤いスイートピー」をカバー。サポートメンバーのキーボディストによる繊細なメロディーをバックに、モリの透き通る力強い歌声を響かせていく。その後は、聡明な空間を保ったまま極上のバラード「懐かしき友よ」へと向かっていった。

『ものまね紅白歌合戦』を開催

 ここからは空気がガラリと変わった。モリは過去に、音楽アプリ「nana」の社長と歌で勝負をおこなったことがある。その時はモリの圧勝で勝敗がついたが、その社長がリベンジを申し出た。そこで、この公演の協賛金を払う代わりに『ものまね紅白歌合戦』を開催することになった。その企画がここでおこなわれた。

 この対決には罰ゲームがあり、フラチナリズムが負けた場合、フラチナリズムが作った楽曲で社長がメジャーデビューすること。フラチナリズムが勝った場合は「nana」のCMに起用するとともに「涙の雨がやむ頃に/ズコ☆バコ」を300枚購入する。勝敗は会場にいる観客によって決める。選りすぐりの人選でnana軍団VSモリちゃん軍団の対決が始まった。

 1回戦は、nana軍団のYUKIのモノマネVSモリちゃん軍団から今井美樹のモノマネというラインアップ。両者共互角に戦っていたがnana軍団の勝利。続く2回戦目は、nana軍団からB'zのモノマネ、モリちゃん軍団からタレントのJOYが登場し、SEKAI NO OWARIの「RPG」を歌うという対決に。「顔もバカにして歌ってるんでしょ?」というモリのツッコミにJOYは「深瀬くんってこんな感じで歌っているでしょう?」と返し笑いを誘った。2回戦目はモリちゃん軍団のJOYが勝利した。

 3回戦目は、nana軍団から倖田來未のモノマネVSモリちゃん軍団からSuperflyのモノマネ。モリちゃん軍団が勝利。4回戦目は、nana軍団からはZARDのモノマネ、モリちゃん軍団から清水良太郎が登場し、玉置浩二のモノマネ。モリちゃん軍団が勝利した。

 もう既に勝敗は見えているが、消化試合ということで最後の大勝負5回戦目は、nana軍団から社長、モリちゃん軍団からモリが。社長による徳永英明の「レイニーブルー」では、盛大な拍手が巻き起こっていた。対するモリちゃん軍団のモリのステージでは、BOØWYの「Marionette -マリオネット-」を披露。相方の布袋役のモノマネのクセが強すぎて、印象に残る程の異色なパフォーマンスだった。

 勝敗は、圧巻のモリちゃん軍団に決した。最終結果4対1でモリちゃん軍団が勝利を獲得した。無事に終わりを迎えると思いきや、まさかのモノマネの藤原竜也軍団が登場? モリが出演することになっている『ものまね王座決定戦』の宣伝をしたいがために乱入。そこでここではCM公開収録もおこなわれた。ここでは、藤原竜也モノマネ軍団がモリにTHE YELLOW MONKEYのモノマネの無茶ぶりも。暴れ乱しながらも最後は静かに去っていった。

年末宴会ソング「ズコ☆バコ」炸裂

中央大学100人の学生と(提供:日本クラウン)

中央大学100人の学生と(提供:日本クラウン)

 後半戦のMCでは、タケウチ(Ba)を中心にトークが進行。MCが終わると、「アイアイアイラブユー」へ。<アイアイアイラブユーだけでも♪>というフレーズを観客に投げかけながら一緒に歌い紡いでいく。愛に満ち溢れるナンバーで、ファンとフラチナリズムが作り出す優しい景色が生まれていた。「男は皆馬鹿ばっか!!」という言葉を先頭にバカ騒ぎになったのは「男は皆馬鹿ばっか」。間奏では、オーディエンスが上半身を前のめりに倒し、リズムに乗る折り畳みというワイルドなフリをする一面もあり、ワクワクドキドキさせるナンバーだった。

 その後は、SPEEDの代表曲「Body&Soul」へと突入。馴染みのある楽曲とうこともあり、口ずさみながら身を乗り出す人々で溢れていた。「さあ、中野! 踊りませんか!!」とモリの言葉を筆頭に続いたのは「大江戸ディスコ」。オーディエンスも扇子片手にひらひらと舞い踊っていく。ゆらゆらと揺れ動く会場の景色は、沢山の扇子によって和のディスコを連想されるようだった。

 フラチナリズムの真骨頂である年末宴会ソング「ズコ☆バコ」はここで炸裂した。ステージには、中央大学の100人の学生がノリノリのパフォーマンスを魅せつけてくる。フロアにいる人々も慣れた手つきで無邪気に踊り騒いでいった。

 ラストは、タケウチが「最後に乾杯したいと思います!」と煽り、彼らの王道乾杯ソング「KAN&PAI-THE WORLD-」へ向かい出す。天上からは銀テープが飛び交い、お祭りどんちゃん騒ぎを巻き起こしていく。すると、モリが赤いふんどし姿に変身し空間は一気に急上昇になっていった。「みなさん素敵な笑顔を中野で見せてくれてありがとうございました!最後にみんなでKAN&PAIをしましょう!」とモリが投げかけ最後は、「KAN&PAI!!」で本編を締めくくった。

満員御礼、武道館へ

 鳴りやまない手拍子に応えるかのように、再びフラチナリズムが登場。ラストは「幸せのキセキ」を披露。スクリーンに浮かび上がるメッセージ性のある歌詞をオーディエンスが口ずさむ姿は、フラチナリズムが生み出す多くの幸せの光景を作り上げているように感じた。

 ライブが終わると、舞台上スクリーンにテロップが流れだす。そこに書かれていたのは、本日の集客人数「1993人」という数字。今回のライブは見事に満員御礼となった。結果の人数を踏まえ武道館を目指すと思いきや、2019年に日本武道館は改修工事がおこなわれてしまう。そのため「改修工事が先か、、フラチナリズムワンマンライブが先か、、 日本武道館への道!」と題したテロップが続いた。

 最後にモリから一言、「今日はありがとうございました。2019年9月から、日本武道館は改修工事が始まるので、その前の2018年ぐらいには武道館目指していいですか? 僕達が真っすぐがむしゃらに進んでいきたいと思うので、これからもみなさんよろしくお願いします」と語り、彼らの熱く凄まじいステージは幕を閉じた。

 余談になるが、彼らは八王子を拠点として活動していて得意技でもある、昔懐かしい“流し”(編注=アコーステックギターのみで居酒屋や飲食店で歌を歌うこと)の活動をしながら手売りをしてまでチケットを販売していた。筆者も八王子出身ということもあり、彼らの頑張りを知っていたらからこそ非常に考え深いライブでもあった。同郷のバンドが日本武道館まで羽ばたいていく姿をこれからも応援し、更なる飛躍の年になってもらいたいと強く思った。(取材・橋本美波)

セットリスト

ワンマンライブ in 中野サンプラザホール〜満員になったら武道館
11月19日 中野サンプラザホール
OP涙の雨がやむ頃に
1.涙の雨がやむ頃に
2.ひな壇芸人行進曲
3.O★TO★KO
4.プラネタガール
5.運命共同体
6.抱きしめてWonderland
7.モンロー・ウォーク
8.赤いスイートピー
9.懐かしき友よ
10.アイアイアイラブユー
11.男は皆馬鹿ばっか
12.Body&Soul
13.大江戸ディスコ
14.ズコ☆バコ
15.KAN&PAI-THE WORLD-
en1.幸せのキセキ
ライブの模様(提供:日本クラウン)

ライブの模様(提供:日本クラウン)

中央大学100人の学生と(提供:日本クラウン)

中央大学100人の学生と(提供:日本クラウン)

ボーカル&エンターテイナーのモリナオフミ(提供:日本クラウン)

ボーカル&エンターテイナーのモリナオフミ(提供:日本クラウン)

作品情報

フラチナリズム
シングル「涙の雨がやむ頃に/ズコ☆バコ」
2016年11月16日発売
●初回限定盤[CD+DVD]
CRCP-10364 1852円+税
<CD>
1.ズコ☆バコ
2.涙の雨がやむ頃に
3.フルコース non-stop mix
4.ズコ☆バコ (instrumental)
5.涙の雨がやむ頃に (instrumental)
<DVD>
■【short movie】スタスタローン怒りの忘年会 (BGM:フラチナリズム/ズコ☆バコ)
■ズコ☆バコ MUSIC VIDEO
■メイキング
■メイキング(ロングバージョン)
●通常盤[CD]
CRCP-10365 926円+税
1.涙の雨がやむ頃に
2.ズコ☆バコ
3.フルコース non-stop mix
4.涙の雨がやむ頃に (instrumental)
5.ズコ☆バコ (instrumental)

記事タグ