「森のくまさん」MVの一場面

「森のくまさん」MVの一場面

 お笑いタレント・パーマ大佐のメジャーデビュー曲「森のくまさん」のミュージックビデオ(MV)がこのほど、完成した。MVには、事務所の先輩であるダチョウ倶楽部の上島竜兵と、モデルでタレントの鈴木奈々が出演している。

 デビュー曲「森のくまさん」は、童謡の「森のくまさん」に、Bメロとサビをつけて、歌詞の物語性を補完した歌ネタ。MVでは、クマ役を上島が、お嬢さん役を鈴木、警察官役をパーマ大佐がそれぞれ演じた。このなかで、クマとお嬢さんが抱き合うシーンやキスするシーン、お嬢さんがぐれてしまうシーンがある。

 撮影は10月某日午前8時から、都内の公園で実施。その後も場所をハウススタジオに移しておこなわれ、全ての撮影が終わったのは深夜0時頃。およそ16時間にもおよんだ。

 鈴木は撮影を振り返り、「めちゃめちゃ楽しかったです。本当にこの歌が大好きになりました。すごくいいミュージックビデオになったと思いますので、みなさんに是非、見ていただけるとうれしいです!」とコメント。

MV撮影に出演した左から鈴木奈々、上島竜兵とパーマ大佐

MV撮影に出演した左から鈴木奈々、上島竜兵とパーマ大佐

 また、上島は、オファーをかけたパーマ大佐にお礼の言葉を述べてから「実のところ、彼とは、2回ぐらいしか喋ったことなかったんだけども(笑)。何か寺門(ジモン)が言ってたよ。『パーマ大佐が、MVつくるなんて、何か裏があるって(笑)』。とにかく、ぜったいヒットしますよーに!」とヒットを願った。

 一方のパーマ大佐は「このMVは事務所の大先輩の上島さん、鈴木奈々さんのお力なくしては、絶対に成り立ちませんでした。本当にありがとうございました」と2人の熱演に感謝。

 曲については「くまさんとお嬢さんの過去から未来の関係性やちょっと笑えるところもありつつも、くまさんがいなくなってさみしい思いをした、お嬢さんの気持ちの移り変わりを約5分間の曲の中で作れたと思っていますので、是非、そこを注目しながら、聴いていただけると幸いです」と聞きどころを紹介。

 更に「夢ですが、この曲でミュージックステーション出たいです!」と希望も明かした。

 なお、今回のMV制作前にYouTube上で公開していた、歌ネタ「森のくまさん」の動画は先日、メジャーデビューが報じられたことなどによって、再生回数は5万回から50万回にアップ。これが関連動画にも波及し、総再生回数は500万回を超えるなど話題になっている。

「森のくまさん」/パーマ大佐ショートver.