SMAPの香取慎吾が出演するフジテレビ系『おじゃMAP!!』が26日に放送され、木村拓哉のSMAPでのソロ曲「shiosai」がBGMとして流れたことを受け、ファンは驚きと歓喜の声を挙げた。年内解散が発表されたSMAPだが、一部報道では香取と木村の“不仲”説が伝えられている。この香取と木村の予期せぬ形での“コラボレーション”にファンは「とても意味のある事」「まさかshiosaiくるとは。泣く」などと感涙にむせぶ心境を伝えている。

 『おじゃMAP!!』は香取慎吾とアンタッチャブル山崎弘也が日本中のあらゆる場所を訪ね、その土地の人と出会い、グルメなどを堪能しながら魅力を紹介していく人情肌の番組。この日は俳優の山本耕史、タレントのKABA.ちゃんをゲストに迎え、千葉県銚子の漁港を訪問。サンマや金目鯛料理を味わい、そこで暮らす人々と交流。番組BGMでは様々な楽曲が採用され、SMAPの楽曲も流された。

 そうしたなか、SMAPの楽曲で木村のソロ曲として知られる「shiosai」がBGMとして流れた。2000年10月にリリースされたSMAPの13枚目アルバム『S map~SMAP 014』の8曲目に収録されている楽曲で、木村の心深くに浸透してくるような優しい歌声が印象的なナンバーだ。

 この曲がBGMとして流れたのは、金目鯛の究極においしい食べ方という「観音むし」を味わうために訪れたシーン。たまたま居合わせたカップルに話しかけた一行。そこで2人が婚約していることを知った山本が「なんですぐ(結婚)しないんですか?」と詮索。これに香取が「ごめんなさい、熱い男が」と詫びを入れながら、山本に「あなたが直ぐ(結婚)しすぎ」とツッコミを入れるほのぼのとしたシーンの直後のことだった。

 「観音むし」が座卓に運ばれてきたタイミングに合わせ、「shiosai」のイントロが流れ始める。ゆったりとしたリズムにのって<久しぶりの海はいつも雨 『誰のせいだろう』ってキミが笑う♪>などと、ナレーションや出演陣の声にかぶさるように、木村の優しい独唱がBGMとして、番組の“ほっこり”としたシークエンスを彩った。

 この放送を観ていたファンは、そのBGMが何かにすぐに気づき、ツイッター上に続々とコメントを投稿。「shiosai!!!!!」「おじゃマップでshiosai流れてる」「shiosai流れてるじゃん なんだか泣きそう 」「木村くんのソロ曲で1番好きな曲!」「泣けたよ」「shiosai、沁みるなあ」「メンバーのソロが流れるの珍しい」「突然のshiosaiに焦った」などと、驚きと感激の声が相次いだ。

 8月14日に解散することを発表したSMAP。その際、解散の背景の一つとして、香取と木村の“不仲”説を伝える報道がなされていたため、香取の出演番組で木村のソロ曲が流れたことにファンは驚きを感じた様子だ。

 ファンはさらに、「木村の声聞こえてきて。何この挑戦状? 何このSMAP愛!」「不仲なんてないさ、不仲なんて嘘さ」「何かのメッセージとしか思えないスタッフさんの意気込みが伝わった」と番組スタッフへの感謝も寄せた。

 ファンの間ではSMAP解散を何とかして阻止したいという気持ちは強い。そうしたなかで放映された香取と木村の予期せぬ形で実現した“コラボレーション”に、「木村くんと慎吾ちゃんが並んだときの美しさが好き」「これ、慎吾君こそっと監修してんじゃないの?←願望」「おじゃMAPスタッフは戦ってくれてるんだよ。ファンも声を上げ続けなきゃ」と期待をこめた投稿も寄せられている。