無敵バンドによる記念撮影。写真左端に“パン一”姿の金爆・樽美酒研二(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

無敵バンドによる記念撮影。写真左端に“パン一”姿の金爆・樽美酒研二(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 【取材雑感】ゴールデンボンバーが先日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された国内最大級のヴィジュアル系ロックフェス『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten』の三日目公演に出演した。衝撃ならぬ“笑激”的パフォーマンスで観客を沸かせ、金爆色に染め上げた。出演者全員が“無敵バンド”として協演する最後の演目でも彼ららしさを発揮。特に樽美酒研二に至っては大御所の前にも物怖じせず、まさには裸一貫のパフォーマンスで笑顔にさせた。

 ゴールデンボンバーのパフォーマンスは、テレビでみるそれそのものだ。時に、熱いお湯に入ったり、髪をバッサリ刈り上げたりと“コメディ”のようなものを披露して、茶の間に笑いを提供している。しかし、エアーバンドながらも、曲展開によってその“コメディ”を排除した激しいパフォーマンスをみせてファンを熱狂させる。

 あくまでもエアーバンド。曲の振りはドラムカウントではなく「PA(音響)さん、お願いします!」という感じでズッコケそうだが、それも彼ららしい。いざ、パフォーマンスが始まると、前列の観客を中心に、頭を激しく揺らす“ヘッドバンキング”がおこなわれ、それをみて鬼龍院翔が「もっと振れるだろう!」とお煽るなど、その光景は疑いもなくロックライブそのものだ。

 演奏はしないが、しっかりとロックを“奏でる”。それは、パンクにも似た発想で、何かに対するアンチテーゼ(反抗心)とも言える。かつて、英国の伝説のパンクバンドも、敢えて演奏が苦手なメンバーを楽器隊に引き入れて、自身は叫び散らかすような歌声と過激なパフォーマンスを披露して、世界のロックファンを魅了した。

 ゴールデンボンバーの過去の取り組みもみれば、「音楽だけで勝負したい」と、握手券などの特典は一切つけずに、CDジャケットも白一色の通常盤1形態のみで挑んだシングル『ローラの傷だらけ』をリリースしている。この行動も、現在の音楽シーンにおけるアンチテーゼの一つといえる。

YOSHIKIに笑顔をこぼれた金爆によるパフォーマンス(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

YOSHIKIの表情にも笑みがこぼれた、金爆によるパフォーマンス(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

 それはさておき、この日のパフォ―マスも“笑激”的だった。同フェスのホストを務めるX JAPANの80年代当時の出で立ちで登場すると、歌の間奏では、うまい棒を組み合わせて形にしたhideのギターを食べたかと思えば、樽美酒がCo2を振り巻いたり、ドラムセットへと飛び込んだりと、もうやりたい放題。それでも、前記の様に、激しいヘドバンが繰り出されるなど、くどいようだが演奏をしていないのにもかかわらず、メリハリのある圧巻ステージで魅了した。

 彼らの場合は、ここ数年で“V系エアーロック”というジャンルを確立している。彼らだからこそできるパフォーマンスは、大御所をも笑顔にさせる。このステージにはYOSHIKIがサプライズで登場したが、彼らのステージングに笑顔がこぼれていた。

 そして、なんとも印象深いのが、その日の最後におこなわれてきた、出演者全員参加の“無敵バンド”によるパフォーマンス。ボーカル、ギター、ベース、ドラムとそれぞれパートごとに選抜されたメンバーが奏でる楽曲にあわせて、出演者は縦横無尽にステージを行き来して歌い、踊る。

 そのなかで、樽美酒はパンツ一丁になり駆け巡った。もともと身体つきの良い樽美酒。引き締まった身体は見ている分には嫌な思いはしない。それをいいことにここ最近、そうした身体を張った姿が目立つ。だが、それも樽美酒ならでは、愛嬌のある笑顔がそれを可能にしている。

 しかも最後の記念撮影では、最初は控えめに端に下がっていたが、おされるように中央に陣取り、こともあろうに、その“パン一”姿でお尻をカメラに向ける行動も。それも樽美酒だからとあって皆が笑っていた。ぶれない姿勢はここにも表れ、その行動によって出演者には自然と笑顔がこぼれ、そのままシャッターが切られた。

 X JAPANとゴールデンボンバーは、2014年に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』の年末特番で初共演を果たした。鬼龍院は当時「いゃぁ今日のMステ、やばすぎだよ…X JAPANさんと同じステージに出演できるなんて想像の域を越えていてもうなんかいまカラオケ行きたい気分です」と振り返っていた。

 憧れのバンドが集う場面で安定のぶれないパフォーマンスをみせて会場を盛り上げる。そんな彼らの姿勢に敬意を表したいと思うのであった。(文・木村陽仁)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)