サムネイル用

V系ハードロックシーンを牽引してゆくに相応しいパフォーマンスで魅了したNoGoD(VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten)

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>最終日レポ◇NoGoD

 エッジ鋭く、激しいハードロックな演奏を魅力に、場内中の人たちを暴れゆく熱狂へと引きずり込んだのがNoGoDだ。ド頭から彼らは、気持ちを熱く揺さぶる『神風』を武器に場内へ大騒ぎの空間を作り出した。

 『STAN UP!!』の演奏が、身体中からエネルギーを沸き上がらせた。NoGoDのライブに触れていると、感情が嬉しいくらいに熱く昂りだしてゆく。演奏が進むごとに、激しさも高揚もどんどん増していく。NoGoDが繰り広げたV系ハードロックな演奏に、魂を震わせ騒がずにはいれなかった。

 『絶望、バイバイ。』で凛々しく雄々しく歌い上げれば、最後の『カクセイ』でも、攻撃的なリフを次々と突き付け、NoGoDは観客たちを狂った宴の中へ巻き込み続けていった。

 NoGoDは、ヴィジュアルシーンの一端を担うハードロックスタイルの正統なる後継者?!。触れている間はずっと魂を熱く昂らせるスタイルは、V系ハードロックシーンを牽引してゆくに相応しい。X JAPANの遺伝子は、ここにもしっかりと脈打っていた。(取材・長澤智典)

この記事の写真
サムネイル用

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)