■アコースティックの映える楽曲

アコースティックギターを抱え歌う大橋卓弥

アコースティックギターを抱え歌う大橋卓弥

 ここで大橋は「どうもありがとう、スキマスイッチです!」と挨拶。割れんばかりの拍手と歓声に常田も「まだ3曲しかやっていないのに」とライブ終盤の様な観客の盛り上がりに笑みをこぼした。大橋は「普段のツアーは、新しい作品を引っ提げてのコンサートが多いんですけど、今回はただただライブをやるためにやるツアーを立ち上げてしまおうということで。今、僕らが演奏したい曲を2人でセレクトして、セットリストを作りました。オリジナルとは少し違うリアレンジで多めに演奏するものです」と今回のツアーの趣旨を説明した。

 そうしたなかで演奏された「水色のスカート」では、ホーンセクションが印象的に響く。そして、パーカッションから始まったのは「かけら ほのか」。大胆なリアレンンジは、また違った曲の表情を見せる。このツアーならではの醍醐味に観客も酔いしれる。「僕と傘と日曜日」では、大橋はギターを置き、歌唱に集中する。常田の奏でるピアノの旋律にバンドが色を加える。そこに大橋の優しい歌声が乗り、曲は壮大なメロディへと昇華した。

観客を煽る大橋卓弥とそれに応える観客

観客を煽る大橋卓弥とそれに応える観客

 大橋の持った黒いストラトキャスターの、ギターカッティングから「ソングライアー」を演奏。大橋はギターソロを披露し、観客を盛り立てる。終盤では、常田もピアノソロをプレイ、艶やかな演奏で楽曲の持つ大人の雰囲気を更に引き立てた。

 ここで大橋が「今回はもう一つ、普段とは違うことをしようと思って」と話し、ステージ奥でプレイしていたバックバンドのメンバーが、ステージ前方に配置されアコースティックなセットで「君曜日」と「フレ!フレ!」を披露した。続く「ボクノート」はアコーステックギターの伴奏に鈴、フルートの演奏が加わり、さらに大橋のファルセットとコーラスが重なり恍惚感が溢れた。

 再びバンド形式に戻り、青い照明に染まったステージで「LINE」を演奏。アコースティックな演奏を挟んだことで、このフルバンドの音の重厚感は、よりくっきりとした。立て続けに「ユリーカ」を披露。カホンとファンキーなベースラインで曲が始まり、観客は揃ってジャンプして、会場が揺れ動くほどの盛り上がりを見せた。

 更に、「Ah Yeah!!」では、サビに合わせて観客が持つツアーファイナルタオルが一斉に天井へ向かって投げられ、タオルが飛び立つ鳥のように広がる圧巻の光景が広がった。会場のボルテージが更に上がったところで、コール&レスポンスを決め、常田のお馴染みのピアノの旋律から「全力少年」を披露。サビで大橋は会場にマイクを向け大合唱が起きた。大橋はステージを降り、一階席の通路を駆け回り観客と触れ合いながら歌唱。観客との“コラボレーション”も、ライブならではの魅力と言えるだろう。