ミュージシャンのChage(チャゲ)が29日、テレビ番組では10年以上ぶりに、CHAGE and ASKAのヒット曲「YAH YAH YAH」を披露した。これはTBS系『UTAGE!』の特別番組「UTAGE春の祭典!」内、「中居正広のリクタイム」のコーナーで実現した。

 SMAPの中居正広が当日ゲスト出演していたChageに、同番組に出演していた男性陣全員がCHAGE and ASKAが93年にリリースしたダブルミリオンの大ヒット曲「YAH YAH YAH」をリクエスト。中居はその理由として「音楽の力、歌の力というのがいろんなタイミングでいろんなきっかけで視聴者の方に届けばいいかな、歌わせて頂く僕らもそうですし」と語った。

 Chageも「みんなそれぞれの『YAH YAH YAH』があると思うし、それでいい。みんな元気になりたいのかな、自分に対しても勇気をもらえるし、そのきっかけを中居君が作ってくれた」「自分では手を付ける曲ではなかった。今回は中居君に背中を押してもらった」とそのリクエストを快諾した。

 Chageがテレビ番組で「YAH YAH YAH」を披露したのは10年以上前。演奏前、Chageは「俺は腕が上がるかわからない」と自嘲気味に不安を覗かせたが、生バンド演奏でフルコーラス、最後はスタジオ全員が拳を突き上げ熱唱した。

 歌い終えたChageは「勇気もらったね、俺も」とリクエストをくれた中居に感謝した。この番組で過去に中居はChageにCHAGE and ASKAの「終章(エピローグ)」もリクエストしていて、今回も視聴者からのTwitterでは「選曲素晴らしい」「中居正広のリクタイム、待ってました」など反響を呼んだ。

 Chageは昨年3月に同番組に初出演。5年ぶりとなる音楽番組への出演で当時話題を集めた。このときは「ふたりの愛ランド」を披露した。

記事タグ