泥酔疑惑があったマドンナ

泥酔疑惑があったマドンナ

 歌手のマドンナが先日のステージにおける泥酔疑惑に反論のコメントを出した。オーストラリアのメルボルン公演中にテキーラを飲んでいる姿が目撃され「誰か私を抱いてちょうだい」と発言していたことに対し、マドンナは「私はハイだったり酔っぱらってステージに立つことなんて絶対ない」と反論した。

 「レベル・ハート」ツアーを敢行中のマドンナは先日、オーストラリアのメルボルン公演中にテキーラを飲んでいる姿が目撃されていて、さらには「誰か私を抱いてちょうだい。誰か私の面倒をみて。誰が私の面倒をみてくれるっていうの?冗談よ。そんなこと聞く必要はないわよね」という発言をして観衆を驚かせていた。

 だが、今回インスタグラムでファンからの応援のメッセージをシェアしながら「応援ありがとう。演技の芸術性とかキャラクターを演じることが分からない人がいて困っちゃうわよね。私はハイだったり酔っぱらってステージに立つことなんて絶対ないわ。この騒ぎにはまた性差別の問題が関わっているのよね。平等賃金はもらえないのに、何か違った行動をしたり枠に捉えられない考えた方をするとあたかも異端者のように扱われるっていうことよ。性差別はあるけど、私は愛のために生きているの」と投稿した。

 マドンナの突拍子もない言動を受けて、ファンからは元夫ガイ・リッチーとの息子ロッコ(15)を巡る親権争いの疲れが出てきているのではないかと心配の声が上がっていた。

記事タグ