真冬だけど冷房を室温18度に設定してレコーディング

HARUNA

日本武道館公演で熱演するHARUNA

――アルバム制作に苦労した楽曲はありましたか。

MAMI めちゃくちゃ苦労したなという曲はなかったですね。この1年半で自分たちの中から自然に出てきた曲や歌詞だったりしたので、割とスムーズでしたね。

――アルバムでの新しいチャレンジは?

RINA 「LOVE ME DO」のドラムレコーディングのやり方は挑戦だったなと思っていますね。普段はライブのように全員で一斉に録るんですけど、この曲はドラムをパーツ単音で録って行ったんです。まずはキックドラムだけでフルコーラス、次はスネアドラムだけでフルコーラスというようにパーツ単体でレコーディングしました。両手両足一緒に録った方が楽なんですけど、単体で録ることによって他のドラム音が被らないので一個一個がクリアに録れるんですよ。

――珍しい録り方だと思うのですが、その手法で録られてる方は他にもいるのでしょうか。

RINA 日本でも何人かいるみたいで、Dragon Ashの桜井誠さんは、その1人みたいです。「音重視でこの曲は仕上げたい」という話でこの曲はまとまって、エンジニアさんからこの録音方法を勧めてもらいました。

――パーツ毎にバラバラに録るのは難しそうですね。

RINA なんでも出来ちゃう難しさというか、どんなフィルインでも入れ込めちゃうから、どの程度のシンプルさで収めるかというのも考えましたね。

――HARUNAさんの新しいチャレンジは?

HARUNA 私も「LOVE ME DO」なんですけど、サビはファルセット(裏声)が肝になっている曲なんです。今までファルセットに苦手意識があったので、そんなにやってこなかったんですよね。でも苦手だからといってやらないのは自分自身に自信が持てないような気がして…。自分のボーカリストとしてのステップアップの為にも、MAMIから楽曲が送られてきた時に、ファルセットでチャレンジしたいなと思い歌ってみました。

――今回のアルバムは歌声のバリエーションが多いですよね。

HARUNA 自分でも変化したいなと思えた曲がいくつかあったんです。自分自身を真っ直ぐぶつけるのではなくて、今までルーツになかったボーカリストのエッセンスを取り入れて、歌いたいなと思ったアルバムだったので、すごく楽しかったですね。

――参考にしたボーカリストにはどんな方がいたのですか。

HARUNA シンディー・ローパーとか、割とセクシーボイス系のボーカリストを聴いていました。

――TOMOMIさんはどうですか。

TOMOMI 今まで王道のサウンドというのを積み重ねてきた中であったんですけど、その王道の幅がちょっと広がったような気がしていて、機材も自分の手持ち以外の物もレンタルして、曲によって変えていったりしましたね。

――弾き方も変えたりとかは?

TOMOMI 「今夜はピザパーティー」はスカパンク調なので、普段は指弾きなんですけどピックで弾いてみました。今までも2枚目のアルバムに入っている「Hi-Hi-Hi」など何曲かはあったんですけど、自分がメインで歌いながらピック弾きというのは挑戦になるなと。

――やっぱり指の方が弾きやすい?

TOMOMI そうですね。レッドホットチリペッパーズのフリーを観てベースを始めたので、指で弾く楽器だと思っていたんです。対バンとかで他のベーシストさんがピックで弾いているのを観ると、「この人、ギターみたいにベースを弾くなあ」とか思ってました。無知だったんで(笑)

――指弾きからピック弾きに切り替えはすぐに対応出来るものなんですか。

TOMOMI ピックの持ち方とかわからないんですよ。だから雰囲気で(笑)

――MAMIさんのチャレンジは?

MAMI 自分たちの王道のサウンドがあるとしたら、ギターをかなり歪ませてパワーコードで弾くことが多かったんです。今回、自分が曲を作るにあたって“弾き語りでも一人で出来る曲”というのを頭の隅に置いて制作したんです。コード感を大切にしてみたりとか、リードギターとは言え、目立ち過ぎない渋いフレーズ加えてみたりとかしました。なので、ケミカルさは削ぎ落とされたサウンドになりましたね。

――割とHARUNAさんのギターに寄り添う感じ?

MAMI HARUNAがベースとなるコードを弾いてくれているので、その間を縫うように、邪魔にならないようにしようというのはありましたね。

――今回は玄人好みなギターに挑戦したんですね。

MAMI 特に「LOVE」はその要素を重視して弾いてみました。

――ギターサウンドもかなり乾いた感じで気持ち良いですね。

MAMI 真冬だけど冷房をかけて室温は18度に設定して、湿気を飛ばしてレコーディングしたんです。みんなで服を着込んでスタジオに入ってました(笑)

技術の押し出し方は敢えて一歩手前で止めてる

TOMOMI

日本武道館公演でのTOMOMI

――4月から全国ツアー「SCANDAL TOUR 2016『YELLOW』」 が始まりますが、見どころや注目して欲しいところは?

RINA ライブハウスでツアーを行うということを念頭に置いて「Room No.7」を作ったので、それを演奏するのがスゴく楽しみですね。

HARUNA 今作は曲調の幅が広いので、ライブハウスですけど、激しい曲やゆったりした曲など緩急のあるライブが出来るんじゃないかなと思ってます。自分たちも演奏するのをスゴイ楽しみにしてます。

TOMOMI 昨年12月から今年1月までやっていたアリーナツアー『PERFECT WORLD』で、気負わずシンプルな自分たちのままでステージに立つ気持ち良さを覚えたので、ナチュラルなSCANDALを魅せられたらなと思っています。

MAMI 個人的に楽しみなのは、『YELLOW』の楽曲たちが、今までの曲とどう混ざり合うのかなというのがスゴく楽しみです。まだリハも始まっていないし、セットリストもまだなんですけど、セットリストを作成するのも楽しみですね。1月の日本武道館で「SUKI-SUKI」を演奏した時は、TOMOMIのベースから始まるアレンジだったんですけど、今回もライブならではのアレンジが沢山入ってくるのではないかなと思っています。

――ちなみにライブで演奏するのに大変な楽曲はありますか。

RINA ありますね。大変なのは「メトロノーム」(編注=5thアルバム『STANDARD』収録)です。激しくてちょっと苦手ですね(笑)。グルーヴを出すのが難しいです。

一同 (笑)

――皆さんも同じく「メトロノーム」が難曲?

HARUNA これは難しいですね。

RINA でも、今演奏したら当時より余裕持って出来そうな気がするんですけどね。テンポが速くてテクニックをギュッと詰め込んだ楽曲なので、プレイヤーとしてはかなり忙しい楽曲なんですよ。

(MAMIとTOMOMIが鼻歌で楽曲を確認するそぶり)

――最後に演奏したのはいつ頃ですか。

HARUNA 「STANDARD」ツアーなので3年前ですね。それ以来やってないんですよ。

――では今回のツアーで久しぶりに演奏とかどうですか?

RINA 『YELLOW』に交じわらないですね。対極にある曲なので(笑)。また良いタイミングでやりたいですね。最近は気楽に、楽しみながら演奏したいと思っていて、技術の押し出し方は敢えて一歩手前で止めてるところはありますね。なので余裕を持って演奏できる楽曲が増えてきています。

何十年と活動していくために納得出来る良い曲を

――この10年を振り返ってみていかがですか。早かったですか。

HARUNA 早かったですね。

MAMI スゴくちょっとずつの右肩上がりみたいな(笑)。1年1年を振り返ると、スゴく濃い時間を過ごしてるなとは思いますね。今が一番楽しくてやりたいことがやれた10年間だったので、体感としてスピードは早かったなと思います。でも1年1年じっくりやって来れたという感覚もあります。

――城天でストリートライブをやっていた時代のことなど思い出すことはありますか。

RINA 地元に帰る時に環状線に乗ると思い返すことはたくさんあって、特に春になると桜が綺麗に咲いてるあの当時と同じ景色観れたりするので、湧き上がってくるものはありますね。

――それを観て気持ちをリセットさせたりとか。

RINA 頻繁に帰れるわけではないので、長期の休みが取れた時のスペシャルな感覚という感じではありますね。

――HARUNAさんはアリーナツアーの前に髪型を変えてネットニュースで話題になっていましたが、何か意図が?

HARUNA アリーナツアーは衣装もセットもシンプルにしようということだったので、その中で何かインパクトを残したいなと思って金髪にしたんです。そのタイミングで美容院を変えたんですけど、新しい美容師さんに前髪とサイドをパツンと切られてしまって、新しい自分を提案されてしまったんですけど(笑)

――MAMIさんも髪の毛の色変えましたね。

MAMI 黒にしてインナーカラーで金を入れているんですけど楽ですね(笑)。明るい色にしていた時は根元からすぐに黒い毛が生えてきてしまうので、定期的に美容室に行かなきゃいけなかったんですけど、今は自然体で何にもしてないです。

ギターを抱えて演奏するRINA

日本武道館公演でギターを抱えて演奏するRINA

――RINAさんはパジャマで武道館入りしたみたいですが、今日はパジャマではないですよね?

RINA パジャマで来ても良かったんですけどね(笑)

――今回のツアーでパジャマのお披露目は?

RINA さすがにパジャマでライブ中はないですね(笑)。バシっと決めて出たいと思います。

――TOMOMIさんは梅干し漬けるんですよね?

TOMOMI 今年は漬けますよ。6月くらいから漬けます。

――最後に、2016年は結成10周年で、大阪での凱旋野外ライブも決定していますが、どんな年にしていきたいですか。

RINA 今年は「結成10周年ありがとう」という気持ちを込めた1年にしたいなと思っているので、どのステージに立つ時もその気持ちを忘れずにいたいです。私たちの音楽を聴いて嬉しい気持ちになったり、明日への力が出るような空間を作って行きたいというのが1番で、この先何年、何十年と活動していくために自分たちでも納得出来るような良い曲をたくさん作って行きたいなと思っています。

HARUNA 今年はプライベートも趣味も充実させて、ハッピーな自分で1年を過ごしていきたいなと思っています。その中でバンド活動もしっかりやっていきたいですね。

TOMOMI 10周年は自然に来てしまったという感じで、インタビューを受ける度に「10周年なんだなあ」と実感しています。自分たちのやりたいことを信じながら、結果的に「素敵なスペシャルイヤーだったね」となればいいなと思います。

MAMI 8月21日の野外ライブはお祭りにしたいなと思っていて、ワンマンライブなんですけどフェスみたいな感じでお客さんにも楽しんで欲しいなと思っていて、いろんなブースも用意したいですね。昼間から待っていてくれるお客さんもいると思うので、暑い中でも楽しめるようなフェスティバルにしたいと思っているので、是非みなさんに遊びに来て欲しいなと思います。

TOMOMI 涼めるスポットとかあるといいよね。開演も割と早めなので健康的に過ごせるような空間にしたいですね。

(取材・村上順一)

作品情報

2016年3月2日(水)ニューアルバム『YELLOW』

<完全生産限定盤> 品番:ESCL 4590-1 価格:5,200(税込) 【完全生産限定仕様】SPECIAL ORIGINAL T-shirt付き
<初回生産限定盤(CD+DVD)> 品番:ESCL 4592-3 価格:3,700(税込) 【DVD内容】YELLOW OPENING MOVIE “Room No.7”
<通常盤(初回仕様限定盤)> 品番:ESCL4594 価格:3,200(税込) 【初回限定仕様】ステッカー

[収録曲]
1. Room No.7
2. Stamp!
(2015年7月22日リリース 21stシングル)
3. LOVE ME DO
4. Morning sun
(2016年1月30日公開 映画『猫なんかよんでもこない。』主題歌)
5. Sunday Drive
6.今夜はピザパーティー
7.ヘブンな気分
8. SUKI-SUKI
9. LOVE
10. Sisters
(2015年9月9日リリース 22ndシングル)
11. Happy Birthday
12. ちいさなほのお
(2015年10月17日公開初のドキュメント映画  
『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』主題歌)
BONUS TRACK Your song –English ver.-


記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。