GILLEが声帯ポリープで音楽活動休止

音楽活動を一旦休止するGILLE(2014年撮影のもの)

 歌手のGILLE(ジル)が、声帯ポリープのため3月31日をもって音楽活動を一旦休止する。公式サイトを通じて発表されたもの。これに伴い、6月23日から予定していた全国ツアー『GILLE CONCERT TOUR 2016~REAL~』などの公演を中止する。

 数カ月前から喉に違和感を覚え、病院で診察を受けた結果、声帯ポリープが見つかった。これまで歌唱に影響がないとして、医師に相談の上で活動を続けてきたが、最近は思わしくない状況が続いていた。

 今後の悪化を懸念して、ツアーの中止を決定。3月31日の活動をもって全ての音楽活動を一旦休止。4月以降は療養に専念する。

 GILLEは公式サイトを通じてコメントを発表。「本当に申し訳ありません」と謝罪した上で、以下の通りに心境を届けた。

 「私自身1年間大切に作ってきたオリジナルアルバム『REAL』から新曲達を1曲1曲、聴いてくれるみんなの顔を見ながら全力で歌を届けること、全国各県でのライブを通してみんなに会えることが楽しみで仕方なかった分、悔しいし申し訳ない想いでいっぱいです。今後、治療に専念し、また必ずステージに戻ってこられるようにしっかり治したいと思っています。いつも応援してくれてありがとう」

 GILLEは2012年にメジャーデビュー。歌唱力に定評があり、ももクロやAKB48。金爆のカバー曲で話題になった。当時は国籍・経歴不明の謎の女性シンガーとして、顔や姿は公開されずシルエットのみだった。のちに日本人女性歌手であることが公開された。

記事タグ