キラキラと輝くゴージャスなステージを展開

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

 ここでスクリーンに映像が流れ、安室がステージから姿を消した。映画ブレードランナーを彷彿させる近未来的な映像に目を奪われた。「Time Has Come」のイントロが流れステージ中央の鉄格子が開くと、メタリックブルーの衣装にチェンジした安室が登場。ステージ中央の階段がキラキラと輝きダイヤモンドをちりばめたような眩しさを放つ。

 「Space Invader」では花道を通りセンターステージへ。大歓声が起こりファンの反応に照れたような笑顔を観せた安室。「It」ではセンターステージから白いボックスが迫り出してきた。カラフルに点滅するボックスの上で歌を披露。軽快なリズムに合わせキュートなダンスにも注目が集まった。そして、ボーカロイドの初音ミクとのコラボで話題となった「B Who I Want 2 B」を披露。スクリーンにはMVが流れ、安室と初音ミクのキュートな歌声がホールに響き渡った。

 スクリーンにはゴージャスな金色のシャンデリア。それにリンクしたかのようにゴールドの衣装にチェンジした安室。安室と6人の女性ダンサーは手にポンポンを持ち、ポップでキャッチーなナンバー「SWEET KISSES」を披露。ダンサーのソロコーナーも組み込みライブを盛り上げていく。

 続いてのナンバー「Golden Touch」ではそのタイトル通り照明がシャンパンゴールドのように光るゴージャスなステージを展開。安室の衣装にも照明の光りが反射し、まるでミラーボールのように輝いていた。続いて夏を感じさせる爽やかなナンバーの「Get Myself Back」では、花道を歩きファンに手を振ると大歓声が起こり、間奏ではファン達がOh Oh~と大合唱。

コラボ曲「グロテスク」や「REVOLUTION」を披露

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

 重厚なキックドラムがホールに響いた。DOUBLEとのコラボ曲「BLACK DIAMOND」を披露。巨大なダイヤモンドのオブジェが登場し、そのオブジェの上で安室はパワフルでセクシーな歌声を聴かせてくれた。立て続けに平井堅とのコラボ曲の「グロテスク」や更にクリスタルケイとのコラボ曲の「REVOLUTION」を披露。3曲のコラボ曲を安室が1人で歌い上げ会場を沸かせた。

 そして、「Dr.」ではセンターステージに降り注ぐように設置されたライトの光りが上下に移動する。光りの雨が降っているかのような演出に目が奪われた。新曲の「Red Carpet」では天井の球体のライトがカラフルに輝きながら降り注ぐ。“どんな未来もきっといつかは乗り越えられる”という歌詞が印象的に響き渡った。しっとりとした曲ながら力強さを感じた不思議な感覚に陥った。

 海の中をイメージした映像がスクリーンに映される。白いドレスにチェンジした安室。ミディアムスローナンバーの「TSUKI」を披露。ステージには三日月のオブジェ。そのオブジェの中に安室が入りしっとりと優しく歌い上げた。ステージにはスモークが雲のように広がり、空の上にいるかのような幻想的な演出に、オーディエンスもうっとりとステージを見つめていた。

 そして、しっとりとした楽曲から一転してハードでアッパーな新曲「Black Make Up」を披露。安室もドレスから黒のバストトップとシルバーのスカートにチェンジ。グルーヴィーでハードなナンバーにオーディエンスもノリノリ。続いて「Every Woman」ではGENICのロゴのステージが、メインステージ中央下からせり上がってきた。その上で安室がシャウトすると、それに呼応するかのようにオーディエンスも大歓声を送った。

 「Scream」ではスピーカーをモチーフにした映像がスクリーンに映し出され、Oh Oh Oh~と安室の力強い歌声がホールに響き渡った。代々木第一体育館はクラブさながらのダンスホールと化した。本編ラストの「Fashionista」では派手なライティングによって非現実的な空間へ変貌した。その照明の演出によって夢でも見ているかのような感覚に陥ったステージに。

アンコールでは早着替えを敢行

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」国立代々木第一体育館、2015年12月16日

 安室がステージを後にすると、すぐさま奈美恵コールが沸き起こった。約5分ほど経つと「アンコール始まるよ」と書かれたプレートを手に持った安室の姿がスクリーンに映し出された。そして、大きな風船が客席に放たれ四方八方にバウンス。そして、割れた風船の中から更にハート型のかわいらしい風船が出現。安室は本編の時と同じ衣装で登場したが、ステージ中央に設置されたボックスに入り、まさかの早着替えを敢行。シャツとスカートに着替え終えると会場から割れんばかりの大歓声が巻き起こった。

 アンコール2曲目はアコースティックギターサウンドが心地良い「Anything」。センターステージでダンサー達と座りリラックスムードの中、優しく歌い上げる安室。オーディエンスもサビでは手を左右に振り、Anythingとコール&レスポンス。ラストは「Fight Together」を披露。希望に満ちた楽曲は、ライブを締めくくるナンバーに相応しかった。最後にWe fight togetherと会場全体で大合唱しLIVEGENICの幕を閉じた。

 「また遊びに来てね。バイバイ~!」と投げかけ、目にピースサインをしハニかんだ安室。最後に深々とお辞儀をし、投げキッスをファンに送りステージを降りた。日々進化を遂げていく安室奈美恵。約2時間30分の夢のような時間は終わってしまったが、次の作品やライブへの期待感が、嫌が応にも高まってしまう過去最高ともいえるショウであった。ライブ終了後、訪れたファンの笑顔がそれを物語っていた。

(取材・村上順一)

記事タグ