SKE大場美奈とLinQ高木悠未出演舞台が初日【2】

囲み取材に応じた、SKE大場美奈(後方右から2人目)とLinQ高木悠(後方左)ら未出演者。(撮影・小池直也)

 SKE48大場美奈とLinQ高木悠未らが出演する舞台『神様はじめました THE MUSICAL♪ 2016』が15日、東京・渋谷のアイア 2.5 シアタートーキョーで初日を迎えた。開演前にはリハーサルの模様を報道陣に公開。囲み取材では、大場、高木をはじめ、主役の寺島咲、八神蓮、南圭介、樋口裕太、奥仲麻琴、加藤真央が出席した。

 人気コミックを舞台化。好評だった昨年に引き続き、2016年もパワーアップして上演が決まった。物語は、ひょんなことで神様となってしまった女子高生が主人公の笑いあり、涙あり、歌あり、シリアスな場面ありの学園ファンタジー。人気俳優やアイドルの出演が前々から話題となっている舞台だ。

 公開リハーサルに先駆けて報道陣向けの囲み取材も行われた。

 ミュージカル初挑戦となる高木は出演が決定した時を振り返って「出演が決まった時は無邪気に嬉しいなって思いましたけど、その反面不安とかもあったりなかったり。でもまた新しく学ばせてもらえんだなと嬉しく思いました」と語った。

 また、今回はゲスト出演という立ち位置となる大場。「ステージの場数は同じくらいだと思うんですけど、(他の出演者の)表現力の違いに驚かされて今もびびってます。でも皆さんに迷惑をかけない様に、とにかくリハも本番もしがみついていきたいなと思います」と力強いコメント。

 稽古の時も出演者・スタッフが一丸となって作品づくりに取り組んでいたと語ったのは八神。「あんなにバラし(片づけ)の作業をキャストや裏方関係なく全員で手伝っている舞台は初めて。新鮮でしたし皆で作っている感があった。心が洗われるというか」とチームワークの良さを明かした。この様な姿勢は脚本・演出を務めた秦建日子のこだわりだそう。

SKE大場美奈とLinQ高木悠未出演舞台が初日【1】

リハーサルに挑むSKE大場美奈(左)とLinQ高木悠未(撮影・小池直也)

 主役の寺島は「今回は殺陣もダンスも新しくなったり増えたりして、さらにパワーアップしています。お芝居も恋愛要素が少し増えています。カーテンコールも今回楽しい感じになっています。最初から最後まで、原作のファンの方にも、知らない方にも楽しんでいただけると思います」とメッセージを届けた。

 また改めて意気込みを問われると、大場は「私の出演するシーンはアドリブで、毎公演変えると約束したのでそれを頑張りたい」と目標を掲げた。

 日替わりゲストの存在もホームページやSNSなどで宣伝されている。これについて高木は「千秋楽にはLinQがどどどっと6人が前に出ます。私もその時は私のLinQになっちゃったりしちゃうかもしれないので、楽しみにしていてください」と見どころをアピール。初演から千秋楽まで一度として同じものにならないというこの作品、リピート必至となりそうだ。

 その後の公開リハーサルは、先ほどの役者陣の意気込みの通り気概を感じるものであった。

 歌が披露されるシーンも生声の迫力。時折その場その場に即して繰り出されるアドリブが挟まれ、スリリングな効果を果たして、先の読めない面白さを生んでいた。大場のアドリブ場面もリハーサルとは言え流暢なものでこれが回数を経るにつれてどう変化していくのかが楽しみだ

 囲み取材時初舞台に緊張していた様子もあった高木もステージを縦横無尽に駆けまわる。演技にダンスに歌に奮闘を見せる。まさにライヴならではの、見ごたえある舞台となっていた。これは老若男女楽しめるものになるだろう。舞台『神様はじめました THE MUSICAL♪2016』は15日から21日まで連日上演予定。(取材・小池直也)

記事タグ