乃木坂46生駒里奈の初主演映画続編決定

初主演映画の続編が決まり取材に応じる乃木坂46生駒里奈(撮影・桂 伸也)

 乃木坂46の生駒里奈(20)が初主演を務めた映画『コープスパーティー』(2015年8月公開)の続編が決まり、7日、都内で取材に応じた。生駒が所属する乃木坂46は昨年末、紅白歌合戦に初出場しており、「(紅白で)また見たいと皆さんに思ってもらえるようになりたい」と再びの紅白出場へ意気込みをみせた。

 『コープスパーティー』は、通常の世界とは異なる未知の異界に突然迷い込んだ若者たちが、必死に脱出を試みる姿を描いた、人気ホラーゲームシリーズの実写化映画。続編の詳細は未定だが、前作に続いて生駒が主演することが決定しており、本作は前作より数カ月後の後日談という設定になる模様。

 前作が映画初主演だった生駒は「次こそは、自分でもっと役を作りこんで、前作よりも怖い作品が作れたらと思います。前は自信を持って挑むことができなかったので、落ち着いて。髪の毛も伸びたから切って、心機一転で役に向き合いたいと思います」と2作目へ意気込みを語った。

 合わせて「前作よりももっとパワーアップした怖さを、皆さんにもお伝えできればと思い、私も一生懸命がんばりますので、今年の夏のホラー映画はぜひ、『コープスパーティー(第二作)にしてください!」と、早くも作品をアピールしていた。

 所属する乃木坂46は昨年末の紅白歌合戦に初出場している。「初出場はやっぱり一度しかないから、すべてを楽しむぞ! という思いで行ったんですが、やっぱり緊張感がぜんぜん違って。でも、みんな見ていてくれて、改めて紅白というものは、すごい場所なんだなと感じることができました」と振り返った。

 更に、「1回で終わらずに、また見たいと皆さんに思ってもらえるようなグループになりたいです」と、再びの紅白出場へ意欲を示した。

 また、同じく紅白歌合戦に出場したAKB48にも兼任経験のある生駒は、当日、乃木坂46のメンバーとしてAKB48のステージを見た印象にも触れ、「あんなふうに紅白でサプライズができるくらい大きなグループに、私は兼任でいたんだなと思いました。だからその経験も生かしていきたい」と感慨深く語った。

 正月は実家で過ごしたものの“寝正月”だったようだが、初詣でのおみくじは大吉。今年の抱負は「今年はやっぱり乃木坂46というグループの力で、いろんなことに挑戦していかなければいけないので、もっと頑張りたいと思いました。グループとしても個人としても、下り坂は無しにして、もっと勢いをつけていきたい」と新たな気持ちで前進する決意を語った。(取材・桂 伸也)