[写真]松井玲奈が不出馬語る

エールを送った松井玲奈(昨年撮影のもの)

<第66回NHK紅白歌合戦・発表会見>
 元SKE48の松井玲奈は26日、自身のツイッターを更新。NHK紅白歌合戦の出場歌手から落選したSKE48を労い、これからの活動にエールを送っている。

 この日発表された紅白歌合戦の出場歌手にSKE48の名前はなく、AKB48、NMB48は選出されている中で、悔しい落選となった。

 SKE48を今年8月で卒業した松井玲奈は、兼任していた乃木坂46の初選出を祝福しつつ、SKE48メンバーの気持ちを思いやりながらツイッターを更新した。

 松井は「お仕事終わって紅白のことを聞きました。乃木坂ちゃん初出場おめでとう。SKEは残念でした」と綴り、兼任していた乃木坂46の初出場を祝福し、SKE48の落選を労わった。

その上で、「嬉しいのと悔しいのとが混ざり合ってとても複雑です」と率直な心境をしたため、「でもそれで終わりじゃないから。まだまだまだまだSKEは続いてるんだから」と言葉を続け、SKE48のこれからの活動に力強くエールを送っている。

 SKE48の顔としてグループを引っ張ってきた松井のメッセージにファンは「ありがとう」の声とともに、「来年はSKEがステージで、玲奈ちゃんが審査員で出れることを祈ってます」などと、SKE48のさらなる躍進に期待するコメントを寄せている。