紅白初出場が決まり涙する生駒

紅白初出場が決まり涙する生駒

<第66回NHK紅白歌合戦・発表会見>
 第66回NHK紅白歌合戦の司会者・出場歌手の発表会見が26日、都内で行われ、紅組は大原櫻子、Superfly、乃木坂46、μ’s(ミューズ)、レベッカ、白組は星野源、三山ひろし、ゲスの極み乙女。、BUMP OF CHICKEN、山内恵介が初選出された。初出場組は昨年の6組から10組へ拡大となった。

 会見に出席したゲスの川谷は「老若男女に愛さるバンドになりたいと言っていたので、それに一歩近づいた」と述べた。今朝、紅白出場を聞かされたという大原櫻子は「会見だけで緊張していて、本番どうなってしまうんだろう」と緊張気味に語った。

 また、昨年、紅白内定報道がありながらも落選の苦汁をのんだ乃木坂46の生駒里奈は涙を流しながら「皆と共有できて嬉しい」と意気込みを述べた。キャプテンの桜井玲花は落選した前回を振り返り「実力不足だった。去年は、普段の活動態度やツアーをまわる上での取り組みを一から考え直すきっかけになった。メンバー一丸となって走ってきたので嬉しい。今年1年の集大成をしっかり伝えられたら」と述べた。  【取材・木村陽仁】

記事タグ