[写真]でんぱ組.incがゲームイベントに(1)

でんぱ組.inc(撮影・桂 伸也)

 アイドルグループのでんぱ組.incが23日、都内で行われた、スマートフォン向けゲームアプリ「ファントム オブ キル」のリリース1周年記念イベントに出席した。

 ゲームの公式イメージソングを歌うでんぱ組.inc。イメージソング担当のオファーを受けた感想を聞かれ、相沢梨紗は「まさか、こうやってでんぱ組.incを見つけてもらい、こうやってオープニングソングを歌わせていただけるとは思わなかったので、嬉しかったし活動していて本当に良かったと思いました」と語った。

 また、成瀬瑛美は「最初に設定資料やキャラクターのイラストなんかを見せていただいたんですが、本当にクオリティが高くて素晴らしかったので、仕事としてだけでなく、一ファンとしても テンションが上がりました」と、ファーストインプレッションの鮮烈な印象をコメントしていた。

 さらに古川未鈴は「ゲームの中で でんぱ組.incのキャラクターが登場するというコラボを行ったときに、ファンのみなさんがとても大盛り上がりで『メンバーのキャラを集めたい』と、楽しんでいただけたので、その時はとても嬉しかったです」とこの1年の印象的なエピソードを振り返っていた。

[写真]でんぱ組.incがゲームイベントに(2)

でんぱ組.inc(撮影・桂 伸也)

 この模様はニコニコ生放送を通じて届けられた。でんぱ組 .incは、ゲームのテーマ曲である「Phantom of the truth」と代表曲の一つである「アキハバライフ♪」をライブパフォーマンスした。

 また、番組内で重大発表として、ゲームのプロデューサーより 「ファントム オブ キル」コンセプトフィルム制作が発表。内容としてはゲームの構成、世界観の前日談的なものになる模様。本ゲームの今泉プロデューサーは「この1年はがむしゃらに進化しつづけていたが、2年目を迎えるに当たり、ゲームをより深く『深化』していきたいと考えている」と意図を語った。

 監督はアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』のテレビアニメ、劇場版等シリーズのすべてを手がけた塩谷直義監督、製作は「降格機動隊」シリーズなどを手がけ、本ゲームのオープニング制作にも参加したProduction l.Gが担当する。  【取材・桂 伸也】